工場勤務の職種って?仕事内容・勤務時間・あると便利な資格まで


突然ですが、仕事探しって難しいですよね。

仕事と一口にいっても種類はそれこそ星の数ほどあります。

医者、弁護士、営業、接客、エンジニア、俳優…。

誰でも知っているキラキラしたものから、あなたの知らない仕事もおそらく沢山あるはずです。

その膨大な数から、自分に合った一つのを選ばなければいけないって、結構難易度が高いんですよね。

今回は期間工の経験を踏まえて、その中でも「工場勤務って実際なにをしているの?」といった疑問を紐解いていきます!

工場で働く場合はどんな職種があるの?

まず、職種について説明します。

工場勤務者は一般的に「工員」と呼ばれ、その中で実際に担当する業務毎に「組立工」「溶接工」と分類されていきます。

工場といっても、自動車、飛行機、スペースシャトルなどから、食品、半導体など製品によって仕事も様々です。

今回は日本の基幹産業であり、全国各地で求人数の多い自動車工場にフォーカスを当てて紹介していきます。

自動車工場で働く仕組み

自動車工場では主に「ライン作業」で製品が作られていきます。

ベルトコンベアで部品や材料が運ばれてくるので、担当者が組み立てたり塗装したりすることで、最終的に1台の車が完成します。

もちろん機械が力仕事はやってくれるので、工員の方はそれぞれ担当する役割で勤務時間中、同じ作業を同じ場所で行う単純作業が多いです。

ホンダの工場で勤務する場合

・プレス

プレスとは、これから作っていく車の材料作りです。

ドアやボディなど、丈夫さが求められる部品を作ります。

自動化されていることがほとんどなので、プレス担当になったら工程の管理や、製品のチェックが主な業務になります。

・溶接

溶接とは、プレスで作られたドアなどの部品をゼネラルウェルディングマシンでくっつけていく工程です。

こちらも自動化されていることが多いので、溶接担当は装置作業や部品のセットが主な業務になります。

・塗装

この工程にくるまでに車の”型”は出来ているので、塗装では複数回に分けて塗装・コーディングをしていきます。

電着塗装・中塗り塗装・上塗り塗装など、車を鮮やかに見せるだけでなく、錆びや劣化を防ぐための工程です。

塗装担当者は、塗装後の外観チェックや塗装準備などが主な業務になります。

・車体組立

いよいよ塗装されたボディに様々なパーツを取り付けていきます。

内装、エンジン、足回りの部品などを取り付けることが主な業務になります。

・完成車検査

完成した車の安全性や環境性能をテストし、送り出す工程です。

検査機器が用意されているので、1台1台完成した車を検査する作業が主な業務になります。

勤務時間

派遣であったり期間工であったり、工場ごとにも異なりますが、交代制で24時間工場を稼動させる企業が多いようです。

ホンダを例に取ると、朝から夕方までの1勤、夕方から深夜までの2勤、深夜から朝までの3勤といったように勤務時間を分けています。

生産台数が多い時期などは残業が多くなったり、休日出勤になることもあります。

大手メーカーの工場であれば、残業代や休日手当もちゃんと出ます。

工場勤務は職業欄にはどう書けばいいの?

転職活動などで履歴書を作成する時や、役所に提出する書類などで意外と悩まれる方が多いのがこの質問。

基本的には、

職業「会社員」業界「製造業」職種「技能職

でよいかと思います。

たまに誤解して会社員と工場勤務者は違うという人もいますが、企業に雇用されている以上は会社員の扱いになります。

職業は、会社員でなければ自営業か公務員か、といった答え方になるので。

工場勤務は待遇がよいと人気に!

これも誤解されやすいのですが、一般的に工場勤務はホワイトだと言われています。

理由は二つ。

・給与がそんなに悪くない

・定時であがりやすい

雇用形態にもよりますが、たとえば自動車工場の工場勤務者の年収は、約350万~400万円ほどと言われています。

また、ライン作業や交代制といった仕組みを導入しているため、無駄な残業がありません。

定時で上がれて、未経験でも働けて、期間工なら「家賃無料」の寮に住むことが出来ます。

ちなみに、平成27年度の日本の平均年収は420万円です。

この中には大企業の社長さんや医者などの給与も含まれているので、若い未経験の方が定時であがって400万稼げると考えれば、むしろ美味しい仕事であるとも言えるかもしれないですね。

工場勤務をする際に、あると便利な資格

未経験でもすぐに働けるのが工場勤務の魅力ですが、キャリアアップや給与アップを狙うのであれば資格はやはりあって損はありません。

1級、2級などレベルが分かれていたり、中には講習を受けるだけで取得できる資格もあるので、自分のレベルやこれからなりたい姿に合わせて調べてみるといいでしょう。

[製品の加工に役立つ]

・アーク溶接作業者

・プレス金型取替作業者

・自動車整備士

[モノを運ぶのに役立つ]

・フォークリフト運転技術者

・移動式クレーン運転士

[職場づくりに使える資格]

・安全管理者

・特定化学物質等作業主任者

工場勤務の仕事は、派遣会社や正社員の工場勤務など色々あります。

とにかくガンガン稼ぎたいのであれば、今回ご紹介した期間工に挑戦してみてはいかがでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です