【必見】トヨタの期間工の面接について現場の意見も踏まえて解説


※下記の文章は経験者の肉声を元に、ブログ編集部が校正して掲載しております。



 




こんにちは。




このコーナーはデンソーやホンダの期間工経験者である「もちまる」が実体験をもとに期間工について抱く疑問に答えていくものとなっています。




 




今回はですねそんなトヨタ自動車の期間工になるための面接について、実際に面接を受けたことのある私が、その経験をもとにトヨタ自動車の期間工の面接についてこちらでお話しさせていただこうと思います。




 




◆トヨタで期間工として働きたい人は必見!面接について詳しく解説







期間工と言えばやはり自動車関連企業の工場で働く期間従業員のことを指すと思いますが、その中でもトップクラスの業績を誇るトヨタ自動車で、期間工として働きたいと思っている人もたくさんいると思います。




それではトヨタの期間工の面接について詳しく解説していきたいと思います。




 




◇募集要項をわかりやすく説明




まず面接に関するお話しの前に軽くトヨタ自動車の募集要項についておさらいしていきたいと思います。




トヨタ自動車の期間工は、トヨタ自動車の工場で自動車の製造をする仕事になっています。




主な勤務地ですが愛知県内にあるトヨタの11か所の工場のいずれかでお仕事をすることになります。




以下どんどん説明していきたいと思います。




 





  • 給料


    ⇒トヨタの期間工は日給制です。


    入社したばかりの頃は日給9800円という設定で、年次によって昇給する形で最大10600円となります。


     

  • 月収例


    経験者の方は日給が多少高くなっています。


    1年目でも振れ幅があるように記載されています。


    • 1年目の月収例278250円から300970円

    • 18ヶ月から24ヶ月満了者306640円

    • 30ヶ月から35ヶ月満了者315170円


    こちらの金額の内訳はいずれも同じものになっています。


    21日の勤務、残業が20時間、深夜手当が35時間、時間帯手当が78.25時間です。


    そのため2交代で大体1日1時間ほど残業があるような方は、1年目の月収が大体27万円ほど、3年目になると30万円を超える位のお給料が毎月もらえるようなものになっています。


     





  • 勤務時間


    先ほど2交代という言葉が出てきたのですが、トヨタの場合基本的には2交代制勤務になっています。


    実働時間が7時間35分という風になっています。




    • 1勤の時間帯6時25分から15時5分

    • 2勤時間帯16時から翌0時40分


       



  • 休日


    基本的には土日が休みの週休2日制という風になっています。


    当然休日出勤や振替出勤等もあるので確実に全ての土日が休みになるということはありませんが、基本的には土日が休みというようなものになります。


    あとですね、基本的に期間工は祝日の方は休みではありません


    ゴールデンウイークや夏季休暇、あと年末年始の休みはありますがそれ以外の祝日は出勤という形になります。


     

  • 手当


    まず初回更新特別手当というものが10万円支給されるものになっています。


    こちらはあるときと無いときがあって、基本的に急いで期間工を募集しているようなときにはこちら初回更新特別手当というのが支給されるようなものになっています。


    2017年4月現在で手当10万円という風にお話ししていますが、時期によっては20万円に増えるとこともあるので、申し込みをする際にこちら手当の確認をしていただければと思います。





    次に特別手当ですね、こちらも10万円となっております。


    でもこちらも変動することのある手当になっていますので皆様が申し込む際に改めて確認していただければと思うのですが、こちらの手当は入社月の翌月末在籍者に翌々月の給料で支給されるものになっています。





    次に食事補助ですね、こちら1万円


    こちらは入社日より約2週間後に支給という風になっていて、1回限りの支給になっています。





    次に赴任手当ですね。こちら2万円


    こちら初回給与支給日に在籍されている方に支給されるものになっています。





    次は経験者手当ですね、こちら最大10万円


    以前トヨタ自動車で期間工をされていた方で、しっかり満了退職された方、前回の期間工の期間が


    • 6ヶ月から12ヶ月の方は1万円支給

    • 18ヶ月から30ヶ月の方は7万円支給

    • フル満了35ヶ月満了された方は10万円支給


    となっております。





    最後に満了慰労金報奨金です。


    こちら勤務形態とあとは出勤日で多少は誤差が出てきてしまうと思うのですが、トヨタの方が公式で提示している情報によりますと


    • 6ヶ月の満了390000円

    • 12ヶ月満了488000円

    • 18ヶ月満了152400円

    • 24ヶ月満了536800円

    • 30ヶ月満了561200円

    • 35ヶ月満了576000円 





    となっています。こちら6ヶ月ごとに支給されるものになっていて、総額が300万円を超えるものになっています。


    スバルとかの満了金は累計で貰うことはできないわけですが、トヨタの場合はこちら例えば12ヶ月満了の場合はまず6ヶ月分の満了金39万円が頂けて、その次ですね、さらに6ヶ月後12ヶ月の満了時に40万円から48万ですねそちら貰えるようになっていて、おおよそ合計で80万円後半位は貰えるものになっています。


    トヨタは満了金が非常に大きいという風に言われていてこちらが最大のメリットになっていると思います。


    あとはやはり初回更新手当や特別手当といったものが合計で20万円も支給されるので非常に待遇面、金銭的な待遇面で優れているのかなという風に改めて感じることができます。




 




◆トヨタの期間工面接について詳しく説明







では、ここから詳しくトヨタの期間工の面接内容について説明したいと思います。


 




◇面接の申し込み方法について




期間工の面接へ申し込む方法は2つあります。





  1. 派遣会社を通す方法


    インターネット上で期間工とか期間工求人という風に検索していただくと、色々な期間工の求人サイトが出てきて、色々な会社の期間工の求人情報が網羅されていてそこから申し込むという方法になります。


    他社と比較もできますし、場合によっては入社祝い金とかも頂けるので一番お得な方法になっているのかなと思います。


     

  2. 直接面接会場へ行く方法


    公式サイトから面接の場所を確認して、予約等は一切せず履歴書と筆記用具等を持って、直接面接会場へ行く方法です。


    トヨタの場合は直接行く場合、公式ホームページから事前の申し込みというのがありません


    他社の場合は例えば求人を出している企業の公式ホームページにあるウェブサイトに登録したり、あとはメールで登録したり、電話でそれで何日の何時からの面接で行きますという旨を改めて伝える必要があります。


    しかしトヨタの場合はそういった事前の予約がいらないものになっています。


    そのため、例えば今日退職を決意して次も期間工になろうと思った場合、今日の面接や明日の面接へと自分の都合に合わせて最短で面接を受けて最短で入社することができます。


    私の場合ですがちょうど申し込んだときに派遣会社とかそういった求人を斡旋しているような企業の求人のページからトヨタの求人情報が一斉に消されている時期がありまして、その時期に申し込もうと思ったので公式ホームページの方から申し込みました。


    通常時ですとトヨタに直接申し込むよりは、派遣会社などを通した方がお得ですが、生産状況などで派遣会社に求人を出していない場合があるので、そういったときは入社祝い金等の金銭的なものを頂けなくなってしまうのですが公式ホームページの方から申し込むようにしましょう。




 




◇面接会場はどこ?




面接会場はトヨタの場合は全国でトヨタ期間工の面接会場を設定しています。




トヨタのホームページの方で面接会場確認していただいて、持ち物を持って会場の方に時間通りに行っていただければいいと思います。




 




◇面接当日の服装




面接の当日はどういった服装がいいのかお話ししていきたいと思います。




まず私の場合ですが、スーツで行きました




インターネット上の情報を見ると私服でも問題ないという風に書かれていますが、私の経験的に最近はスーツで面接を受ける方が非常に多くて、悪目立ちするのも良くないなと思ってスーツで行きました。




結果としては、私がトヨタの面接受けた日に同じく面接受けた方たちはほとんどがスーツでした。




数名私服の人もいましたが割合的にみると8割から9割方はスーツで面接を受けていました




私の場合トヨタ以外にも期間工の面接を何社か受けましたが、ほとんどの会場でみなさんスーツで面接を受けていました。




私自身、私服で期間工の面接を受けた経験があってそれでも合格したことがあるので、面接の合否に服装はあまり関係ないと思います。




しかし面接を受けた際、例えば他の人がみなさんスーツで自分だけ私服で面接を受けたとなってしまったときに精神的に不安になったりとか、プレッシャーだったり、ストレスになったりとか面接の合否に影響するというよりも自分の精神状態に影響してしまって、その結果面接でうまく話せなかったりしてしまうことがあります。




あとは面接のネタで、例えばなんで私服で来たの?とかって聞かれてしまい、それにうまく答えられなくて不合格になってしまうといった直接的な合格不合格の要因ではないけれども、間接的なものに影響してしまうという可能性もなくはないと思います。




したがって個人的には期間工の面接はスーツで行った方がいいと思います。




雇用主の中には私服で来いという風に指定する会社もあるようで、そういったところは会社の指定に従って私服で参加された方がいいと思いますが、特に指定が無いような場合は基本的にはスーツ、どうしても用意できなければ私服といった形で服装の方を決められた方がいいと思いました。




私服の場合はジャージとかだらしない恰好で行くのは良くないと思うので、なるべく綺麗目なできればジャケット等清潔感があっていい印象を与えられる服装で面接の方参加された方がいいかなという風に思います。




 




◇【志望動機偏】ずばり聞きたい!トヨタ期間工の面接内容




次に面接で聞かれる内容です。




まずどんな仕事の面接でも聞かれると思いますが、志望動機ですね、おそらくこれから面接を受けようと思っている人の中でこの志望動機は結構悩むものじゃないかと思います。




正直、ほとんどの期間工になろうと思っている人が出稼ぎ的な意味合いを持っていて、やはり金銭的なメリットというのがあって期間工になろうと思っているのではないでしょうか。




面接等では、日本人の方は特にそうだと思うのですが、お金というものを前面に押し出してしまうのはあまりいい印象ではないという風な考えを持ってしまうと思います。




しかし私の経験からお話しさせていただくと、期間工の志望動機に関して言えばお金というものを前面に出していただいても全く問題ないと思います。




私は今まで期間工の面接を何社か受けてきましたがその全てで、この位の金額を貯金したくてそのために考えた時に、期間工というのが金銭的に非常に優れているため期間工として働きたいと思いました、といったようなニュアンスの志望動機をお答えして全てで合格という形でご連絡いただいています。




インターネットの中ではそういった金銭的なもので、例えばいくら貯金したいとかっていうのは、その金額を貯めてしまったらもう退職してしまうのではないか?という風に思われてしまうため良くないというような書き込みがあるのですが、そもそも期間工というのは有期雇用という形で、3ヶ月もしくは6ヶ月の契約で最長2年か3年、多い所で最近5年というのがありますが、いずれは会社の方から更新を断る形になります




さらに経済の停滞とかそういったもので会社の方から雇い止めという形で、更新の拒否といったようなものも起こりえます。




なので会社側としても当然あまりにも短かすぎるような方は望ましくないと思いますが、1年以上勤められるようであれば会社としては全然問題なく受け入れてくれると思います。




例えば1番期間工の中で辛い仕事と言われている、車体の組み立ての仕事はなれるのに最初1、2ヶ月はやっぱりかかってしまいます。




それで最短の3ヶ月とかで更新を断られてしまうとやっと仕事出来た頃に辞めてしまうというような形になります。




ですが1年間勤めていただけるのであれば残りの10ヶ月、しっかりと独り立ちして仕事してもらえるという形になるので、それは会社として十分ありがたいことだと思います。




ですので金銭的なメリットのみで期間工になりたいなという風に思っている人は、正直にお金の待遇面が優れていたからという志望動機で全然かまわないと私は思います。




 




◇【職務経験編】ずばり聞きたい!トヨタ期間工の面接内容




次に面接で聞かれることは、期間工や工場での勤務経験があるかということです。




私の場合は初めて期間工になった時は正直に、一切工場等の勤務経験はありませんという形でお答えしました。




2ヶ所目からは例えばAという会社で勤務経験がありますとお答えしています。




期間工になる人の半分位は初めて期間工になるので、正直に期間工や工場での勤務経験が無い場合はありませんという風に答えてしまって問題はありません。




 




◇【勤務時間編】ずばり聞きたい!トヨタ期間工の面接内容




次に聞かれることは、勤務時間ですね。




夜勤や交代勤務ができるかといった質問やその経験があるかという話です。




私は最初、期間工になるまでは交代勤務だったり夜勤というものや変則的な勤務というのは、一切したことがなかったので経験がありませんという風にお答えしました。




そうすると私が初めて受けた面接では、そういった交代勤務とか経験ないようだけどやれる自信はありますか?というような形で質問をされました。




夜勤とか全く初めてだったので正直全然想像がつかなかったのですが、私の場合はひとまずやれる自信がありますとお答えしました。




目標の貯金金額があったので、それを貯めるまでは絶対に辞めないという意気込みが、面接では言えませんでしたが私の中にはありましたので、そういった形で夜勤だったり固定勤務でも全然問題ないですとお答えしました。




 




◇【健康、体編】ずばり聞きたい!トヨタ期間工の面接内容




あとは面接で聞かれることですと、体のことですね。




期間工は基本的に肉体労働になるので健康かどうかということが大事です。




たとえば、体がしっかり動くか、指先がしっかり動くか、あと関節回りや肘や肩、こういった所がしっかり回るかというものになります。




また、持病がないかですね。今までの病歴とかも聞かれました。




あとは入れ墨、タトゥーですね。




こういったものが体に入ってないかということです。トヨタは大きさに関わらずですね、入れ墨やタトゥーが入っていると入社できないというようにインターネット上では書かれています。




以前、大阪の市役所の職員に入れ墨が入っているという事が問題になりましたが、やはりトヨタも大企業ですのでこういった風評被害とか、周りの目というのは非常に敏感になっていると思います。




ですのでこういったタトゥーとかですね、会社としてはおそらく好ましくないのかなという風に思うので、もし入っているというのであれば他社の方に行かれた方がいいかなと思います。




入れ墨やタトゥーが入っているにも関わらず入っていませんという風に嘘をついてしまっても、最終的に健康診断がこの後あるのでそこでばれてしまいます




最近はスプレーとか隠す方法色々あると思いますが、のちのちトラブルになってしまうこともあるので、そういったものが入っているのであれば無理にトヨタに入らないで、例えばホンダとかは面接で入れ墨のこととか聞かれませんし、入れ墨やタトゥーの入っている方を職場で見たという目撃情報もホンダの場合はありますから、そういった会社を選択肢として考えた方がいいと思います。




 




◇【トヨタならではの質問編】ずばり聞きたい!トヨタ期間工の面接内容




あとはこれはおそらくトヨタ独特のものになると思いますが、愛知県で働くことはできますか?ということです。




おそらく期間工の方の多くが地方からその工場のある場所へ赴任して、寮で生活するという形になります。




そういったことに抵抗はありませんか?というようなニュアンスの質問だと思います。




例えば絶対に実家からしか仕事ができないが東京に住んでいるというような方はトヨタで働くことができないと思います。




なのでこれからトヨタの面接へ受けようかなと思っている人は、改めてですね愛知県で働くということを理解していただいた方がいいかなと思います。




 




◆【トヨタ期間工面接合格者が語る】落ちる人の特徴を紹介







最後に私が期間工している経験を元に、こういった人は面接で落ちやすいと思う方をいくつか挙げようと思います。




もしこれに該当するようであれば、改善できるのであればこれから改善していただいて、もし改善が絶対に不可能だというのであれば、例えばその基準が緩い他社の方を検討していただいた方がいいかと思います。




 




◇ルールや時間を守れない人




1つがルールや時間を守れない人です。




面接の時間に遅刻してしまったりとか、面接の説明をしているときに寝てしまっているような方はまず落ちると思います。




期間工という仕事は基本的に低学歴の方でも問題なく、ほぼ誰でも就職できてしまう仕事になるので、特にそういった社会に適さないような方も多く面接を受けると思います。




でも現場としてはそういった方たちに作業を乱されてしまうと生産に遅れが出てしまうので、基本的にルールが守れない人と時間が守れない人は好んで採用することはないです。




あとは必要なものを持って来ないなどです。仕事をしていて、例えば今週中にこの書類を書いて提出してくれということがたまにあります。当然1人の職制の方が抱えている期間工の人数というのは、だいたい10人から多いと30人まで膨らみます。




これだけの人数の方をまとめようと思うと、自分勝手な方が1人か2人いるだけで結構な労力になってしまいます。




ですからそういった持ち物とか、必要な書類の期限を守って提出できるような、ルールと時間を守れる方がいいのかなと思います。




 




◇極端な運動音痴




次にこういう人は面接落ちてしまうのかなと思う人は極端に運動が苦手な方です。




たまに運動が苦手な方で入社する方がいらっしゃって、一応私もそういった方を教えた経験がありました。




しかし全然作業のスピードに間に合わなくて、せっかく教えたのにその仕事に対応出来ず、もっと楽な工程に回ってもらうなんていうことが過去1度だけありました。




そうすると最終的に私が教えていた工程は出来ずに、他の工程に行く形になるので、私が作業を教えていた時間はまるまる無駄になってしまうわけです。




当然会社は人を雇っている上、時間がかかれば人件費がかかってしまので、その期間の人件費が無駄になってしまいます。




雇う側からしたら、そういった無駄な経費は払いたくないと思いますし、もし楽な工程でもさらに仕事ができないなんていう風になってしまったら部署を移動するしかなくなってしまうわけです。




そうするとまた経費が掛かってしまうわけですし良くないと思います。例えば正社員の方で会社としてクビにできないような方があんまり仕事ができなくて、色々な部署をたらい回しにされていて、どうしようかなという風に上司の人が言っているというのも、自分の部署で聞いたことがあります。




ですので極端にそういった体を動かしての作業が苦手という人は、トヨタのような車体系ではなくて、部品系の例えばデンソーやアイシンといった会社を検討した方がいいのかなという風に思います。




 




◇やっぱりネックになる年齢




はい、次に年齢ですね。




トヨタの場合は40歳以上で未経験の方は採用しないという風に言われています。




一応他社ですと、例えばホンダですね。




40歳以上で未経験の方が新人で入ってきたという情報をインターネットの、ホンダの期間工が運営されているブログで書き込みがありました。




あとはマツダですね。こちらも割と高齢の方が多いという風に聞いています。




ですのでもし40歳以上の方で未経験でトヨタを受けようかなという風に思っていた人は、おそらく面接の段階で弾かれてしまうかもしれません。




一応ダメ元という形で面接受けてしまってもかまわないと思いますが、一応その次ですね。トヨタ以外の会社、マツダやホンダというところも視野に入れて準備しておいた方がいいと思います。




その際、落ちてしまったとしてもそれはトヨタの方針として、40歳以上で未経験の人は採らないと決めていることだ思うので、自分のスペックとかプロフィールに負い目を感じず仕方なかったと割り切ってもらう方がいいと思います。




 




◇こればかりは仕方ない、落ちる期間がある!




最後ですね、人の特徴ではないんですが落ちる期間というのがどうしてもあります。




例えば人員が足りていて、募集の枠がそもそも少ないような期間ですね。




例えば10人しか募集していないのに20人来てしまった場合は、2人に1人は落ちることになります。それはその人が悪いというものではなくて、会社側もそれは割り切って既定の人数だけ採用するというような形をとっています。




期間工を募集しているような会社は工場が非常にでかいので、少人数だけを募集しているということはなかなかないのですが、それでも例えば生産台数が少なかったりする時期とか、偶然あまり期間工の辞めないような時期に申し込んでしまう場合は落ちてしまうかもしれません。




そういった時期の見極め方なのですが、まず1つがブログですね。




自分が行きたいと思っている会社のブログ、今回ですとトヨタの期間工が運営しているようなブログで、例えば人員がすごい余っている、残業がすごく極端に少ないというようなときは、あまり生産が多くない状況だという事が想像できます。




こうなった場合、大幅な期間工の募集はされていないと予想できますので、少し期間を置いてから面接を受けるという形でもいいと思います。




そしてもう一つですね、こちらはもう明確に分かるものになるのですが、公式ホームページの面接会場の範囲と時間帯が縮小されている時期というのは、明らかに募集の人数が少ない時期になります。




例えばトヨタは全国的に面接の募集会場を設けていますが、それが局所的になってしまったりあとは平常時は1日で2回以上面接の時間を設けているんですが、これが1回になっていたりとか、回数が減少している場合そもそも募集している人数が少ないというような時期になります。




こういった時期はやはり落ちてしまう可能性が上がってしまうので、ダメ元で受けてしまってもいいですが、落ちてしまったとしても負い目を感じる必要性はありませんから、次に気持ちを切り替えて他社を受けていただければいいのと思います。




 




【まとめ】




はい、今回はトヨタの期間工の面接についてお話しさせていただきました。




これはあくまでも私の期間工としての経験則を元にお話しさせていただいているだけですし、期間工という立場ですから、当然人事の考えていることははっきりとは分かりません。




ただあくまでも、現場としてはこのように考えているという風に捉えていただけたらいいのかなと思いました。




トヨタは正社員登用等にも力を入れていますし、日給等も上がっていたりしていますので、今後もっと人気な会社になってくると思います。




そうなった場合、募集している人数が少なくなかったとしても、ライバルが増えてしまい面接がなかなか受かりにくいなんていう状況になることもあり得るかもしれませんから、これからトヨタの面接を受けるという方は、もし宜しければ今回の記事を参考にして面接を受けていただければと思います。




 




それでは今回はここで終了にしたいと思います。




ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です