女性も必見!現役デンソー期間工が語る職場の実態


※下記の文章は経験者の肉声を元に、ブログ編集部が校正して掲載しております。
こんにちは。

このコーナーはデンソーやトヨタの期間工経験者である「もちまる」が実体験をもとに期間工について抱く疑問に答えていくものとなっています。

それでは、今回は「女性も多いと言われているデンソーの期間工について」お話ししていこうと思います。

現役のデンソー期間工が職場について全て解説!

現在もデンソーで働いているもちまるが詳しくデンソーについて話していきたいと思います!!!

デンソーのインターネット上での期間工の評判

インターネットの情報等見ていただけるとわかるのですが、特に2チャンネル等の掲示板が非常に荒れています

他社の期間工の2チャンネルのスレッド等見ていただければわかりますが、本来皆さん普通に日々のことを書き込んでいたり、多少仕事の文句だったりを書き込んでいたりします。しかしデンソーの場合は明らかに誹謗中傷だったり差別的な発言だったりというものが目立つのが特徴になっています。

実際の仕事の状況については後ほどお話ししますが、こういったネットの情報を見る限りでは、あまり職場環境がいいような環境ではないと思ってしまう書き込みになっています。

しかし金銭的な部分に関してはブログや2チャンネルなどほとんどのところで、期間工の中でもトップクラスに稼げるといった書き込みが多く、給料に関していえば非常に評判のいい会社だと思います。

デンソーの仕事内容

次に実際のデンソー期間工の仕事内容についてです。

今回お話しさせていただいている私は現役のデンソー期間工になりますが、出戻り組ではないので経験した部署はまだ1か所しかないです。しかし自分の職場での仕事内容や、インターネットや同僚の話を聞いて、仕事内容や工場の雰囲気などをお話しさせていただきます。

デンソーという会社は基本的に車に取り付けるパーツ、例えばカーエアコンとかそういったものの製造や、通信機器、半導体デバイスなどの製造、あとはそういったパーツ、エアコンを構成するボルトなど金属製の部品を製造しています。

また、他社の部品を製造している会社から仕入れた部品を改めて加工し直したり、作ったり、取り寄せたり、そういった部品を管理することをおこなっているのがデンソーという会社です。

したがって我々デンソーの期間工は、その現場に立ち、直接製品の加工、製造、管理をするのが仕事になってきます

車体系と言われているトヨタやホンダ、スバル、日産、マツダといった会社は、車を直接我々期間工が組み立てたりするのが仕事ですが、デンソーの場合はその車に組み付けるパーツをつくるので、車体系の期間工よりも扱うものが小さいものになってきます

なので、必然的に車体系の期間工に比べると、少し楽な仕事になると思います。

ただし、楽というのも重いものを持たないとかそういった意味です。

逆にラインのスピードが早かったりとか、部品の管理をするような工程では、例えば、出来上がった部品に不具合はないかというのを顕微鏡だったり裸眼の目視で確認したりとか、そういったこともしなければいけません。

そのため肉体的には目の疲労感が車体系の期間工と違い、負担のかかるところになっていますので、一概に楽というのは表現が違うとは思いますが、体力的な面では車体系の期間工よりも部品系のデンソーの期間工は楽な仕事だと思います。

デンソーは女性も働きやすい環境

以上のような理由からデンソーの期間工には女性が多いと言われています。

私が実際働いていても女性が他社に比べて多いと思っています。

過去に車体系の期間工での勤務経験もあるので他の工場でどんな仕事をするか、あとは女性がどのくらい自分の働いている工場に勤務しているか、といったことは知っています。そのためデンソーは女性がやはり多いとわかります。

基本的に車体系の期間工の場合、配属先が、半分くらいが組み立て工程の仕事になりますが期間工の仕事の中で組み立て工程が一番きついと言われています。

したがって、車体系の期間工で肉体的な疲労感が少ない仕事に就こうと思った場合、どんなに運が良くても2分の1、だいたいはおそらく3分の1から4分の1ぐらいの確率でしか、そういった楽な仕事に就くことができないです。

対してデンソーの場合は、おそらく全く逆ですね、3分の2や4分の3の確率で部品の管理とか、重いものを持たなくて済むような仕事に就くことができます。

女性が気になる寮について

次におそらく女性の方で気になる寮について解説します。

期間工のメリットとして
    • 月の給料が高い
    • 非正規の有期雇用者なのに満了金がもらえる
などがあり他にも、無料や非常に安い価格帯で住居が会社のほうから支給されるため、自分で部屋の用意をする必要がないというメリットがあります。

しかし女性ですと特にセキュリティ面で非常に気になる部分があると思います。男性の方も寮に初めて住むという方はどういった寮なのかなというふうに気になる方が多いと思います。

ずばりデンソーの寮ですが、他社の期間工が住む寮と比較してあまり評判がよくありません。

私も実際にデンソーの寮に今現在住んでいるわけですが、やはり他社の期間工が住む寮、今まで自分が働いていた会社の期間工の寮や、インターネット上に出てくる画像や文章から想像する寮と比較するとだいぶ劣るものになっていると思います。

例えばですね、3DKという部屋を3人でシェアするような、そういったインターネット上では床部屋なんて言われている寮になるのですが、こういった寮が非常に多いのがデンソー期間工の寮の特徴です。

トヨタにもこういった床部屋の寮はあるようですが、それでもごく一部にとどまっていますし、日産やホンダは築数年の分譲マンションと変わらないような見た目の寮に住むことができることを考えると、待遇の差を感じてしまいます。

これは男性の寮に限らず、女性の寮も同じです。

デンソーの期間工の中でも、一応当たり寮といわれているシェアタイプのタコ部屋と言われるような寮、個室の寮といった当たり寮はほとんどが男性の期間工が使っているようです。

女性の住んでいる寮はほとんどがタコ部屋の寮になっているという情報を私は伺っています。

一応女子寮だけは寮の敷地に入る門のところにセキュリティのICカードがなければ入れないようになっていますが、部屋自体の質は古くてちょっとボロいような寮になっているようです。

男性も女性も気になる社員登用について

次は女性の方も、男性の方もおそらく気になるデンソー期間工の社員登用試験について話します。

デンソーは現在、正社員の雇用に結構力を入れています。登用試験の枠を年々、少しずつですが増やしているという事実があり、私がデンソーに入社したころは、会う人会う人に君はデンソーの正社員になるつもりはないの?というふうに聞かれました。

職場の直の上司ではありませんが、例えば寮監督といった人にはデンソーの正社員がいかにいいものかというプレゼンテーションのようなものを時々されることがあります。

私自身、結構若いので仕事ができるかできないは別として、若い人材はほしいというデンソーの意思は感じられます。

女性側から見ると、最近はニュースとかで女性の貧困などがよく取り上げられていますが、まず期間工という仕事は男性と女性も関係なく同じような金額が稼げるものになっています。

当然、社員登用試験も男性も女性も受験資格があり、女性だから採用されにくいとか、男性だから逆に採用されやすいとかはありません。

そして正社員になってから、男性と女性という性別の問題で給料に差が出てくることもなく、女性の職制の方が実際に工場で働いているのを見ると、そういった昇進も性別が関係ないものになっていると感じることができました。

そのため現在の不況で女性が本当の意味で活躍できる会社が、デンソーという会社なのではと思いますので、これから社会的に自立するために、期間工から正社員になりたいと思っている方は男女関係なくデンソーはすごく魅力的だと私は思っています。

最後に

では、最後にそんな株式会社デンソーが募集している期間工の募集要項を紹介して終わりにしようと思います。

日給

まずデンソー期間工の日給です。

今回紹介するのは、初めてデンソーの期間工になる人を対象にしたもので、一度満了して出戻りした、出戻り組の日給ではありませんのでそちらはご理解いただきたいと思います。

 
1年目 9650円
2年目 10650円
3年目 10950円
こちら1年目が9650円、2年目が10650円、3年目が10950円という金額です。

他社と比較しても非常に好待遇な金額だと思います。

月収

次に月収例です。

 
1年目 28万1991円
3年目 31万4173円
1年目の収入と3年目の収入を上限と下限として、記載されていますが、28万1991円から31万4173円と記載されています。

こちらは勤務日数が20日間、時間外勤務が20時間、2交代制勤務で深夜業務が約37時間の場合に支給される月収になっています。

最初の28万1991円が1年目の方の月収で、31万4173円の方が3年目の方の月収になっています。

この前もインターネット上で時給を1500円に上げてくれというデモのことが話題になっていましたが、そういった労働賃金のことが問題になっている中、額面で31万円をもらえるのは本当にメリットが大きいと個人的には思ってしまいます。

各種手当

各種手当に話をうつします。

 
慰労金 700~2000円
満了金 1000円~2500円
6カ月在籍手当 5万円
合計 40万~50万円
慰労金は勤務している期間によって、変わってきますが1日あたり700円から2000円でこちら契約の更新ごと、もしくは満了時に支給されるお金になっています。

慰労金と同じタイミングで支給される満了金は1日当たり1000円から2500円という金額です。

おおよそ具体的にもらえる金額ですが、満了金と慰労金、両方合わせて最初の半年で、だいたい30万円後半、1年以降は半年ごとにだいたい40万円後半ぐらいの金額がいただけるようになっています。

次に、こちらも6カ月ごとに支給される手当になりますが、6カ月在籍手当がこちら満了ごとに5万円いただけます。

したがって慰労金、満了金、6カ月在籍手当全てを含めるとだいたい最初の半年で40万円、後半は半年ごとにだいたい50万円近い金額がもらえます。

福利厚生

次に福利厚生ですが、福利厚生はだいたい他社の期間工と同じようになっていて、作業着や靴ですね、こいたったものの貸し出し等もちゃんとあります。

唯一寮の方ですが、寮自体は無料ですが水道光熱費が月7000円ほど徴収されます。

他社ですとだいたい寮、水道光熱費が全て無料になっている場合が多いですが、デンソーの場合は7000円だけ取られてしまいます。

ただでさえ寮がボロいというのに、お金もとられてしまうため少しマイナス点かなというふうに思います。

デンソーの期間従業員の募集要項について軽く説明させていただきましたが、詳しくはですね、デンソーの公式ホームページにある期間従業員の募集要項のページを、確認していただければと思います。

以上今回はデンソーの期間工、デンソーの女性期間工について少しお話しさせていただきました。

デンソーの期間工はこの業界の中でもトップクラスに稼げるといわれている会社になっています。

実際私の給料ですが、だいたい毎月手取りで20万円後半という金額を安定して稼がせていただいています

インターネットの情報を見ても同じような金額で皆さん会社からいただいているようです。残業の時間等は1日2.5時間、そして休日出勤もあり大変な仕事にはなっていますが、その分、しっかりとした見返りがもらえるものになっています。

正社員になりたい、どのくらい貯金をしたいとか明確な目標があれば、頑張れる仕事になっていますのでこれからデンソーの期間工になってみようと思っている方は私と一緒に頑張っていただければと思います。

それでは、今回はここで終了したいと思います。

ありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です