日産派遣を考えるなら、日産期間工を狙った方が賢い選択? 


日産自動車で派遣社員として働こうとお考え中の方へ、仕事内容は同じで待遇や福利厚生が充実しているメーカー直接雇用の期間工の求人をご紹介します。


日産は世界に誇るグローバル自動車メーカーです。


製造ラインでは正社員の他に派遣社員や期間工などが働いています。


今回は、期間工と呼ばれる契約社員の待遇や給与などを派遣社員と比較してみて、どちらが恵まれているのか調べてみました。


これから日産自動車で働くことを考えている方は、ぜひ参考にしてください。


日産派遣と、日産期間工との違いは? 


日産自動車の工場で働く派遣社員と期間工の違いについて調べてみました。


派遣社員は派遣会社に雇用されて日産自動車へ派遣されています。


期間工は、日産自動車が期間限定で直接雇用している契約社員のことです。


派遣社員は、契約期間が決まっていないので短い期間で打ち切りになる場合がありますが、期間工の場合は契約した期間は安定して働けます。


また、契約期間終了後も最長3年間の契約更新が可能です。


さらに期間工の場合は、無料で住める寮が用意されていて、生活に必要な家電製品や家具、寝具一式がそろっています。


光熱費や水道料金なども無料です。


日産派遣より日産期間工の方が、より高収入を期待できる? 


日産自動車で働く派遣社員と期間工ではどちらの収入が良いのでしょうか?


派遣社員の求人情報に掲載された時給を見ると、額面は期間工よりも上回っているようです。


しかし、期間工の場合は慰労金などさまざまな手当が充実しているので、一定期間をトータルしてみると収入額は派遣社員を大きく上回ることになります。


派遣社員の場合は、派遣会社を運営するために中間マージンが差し引かれます。


派遣社員も期間工も日産自動車が一人に払う人件費は同じですが、期間工と派遣社員では個人に渡る金額が異なるわけです。


ちなみに日産自動車九州工場の期間工は、初月に総額50万円ほどの収入があり、半年間で200万円以上の収入が得られます。


日産派遣の寮は有料?日産期間工の寮は光熱費も含めて無料? 


日産自動車は、期間工が宿泊する寮の設備が充実していることで有名です。


工場によっては気に入った寮を選択できるようになっています。


また、寮費なども無料で、生活に必要な家具や寝具一式、家電製品などもすべてそろっています。


設備の利用はもとより、光熱費や水道料金などもすべて無料です。


工場によっては食費の一部が補助されることがあります。


期間工の場合は、日常生活にお金があまりかからないので、稼いだ給与のほとんどを貯金にまわせる環境です。


しかし、派遣社員の場合は、派遣会社の支援制度は多少あっても、寮費や光熱費がすべて無料というわけではありません。


派遣会社によって住環境が異なり、求人情報などを見ても寮費の負担額はさまざまです。


日産派遣と日産期間工との正社員登用制度の違いとは? 


日産自動車の場合、事実上期間工から正社員への登用はないと言われています。


しかし、トヨタやアイシン、デンソー、マツダなどは登用に積極的です。


日産自動車栃木工場は、待遇の欄に「正社員登用制度あり」と記載されていますが、この場合の正社員とは、日産自動車ではなく、派遣会社の正社員です。


紛らわしいので注意する必要があります。


大手自動車メーカーや大手自動車部品メーカーの正社員を目指すのでしたら、トヨタ自動車やマツダ自動車、大手自動車部品メーカーであるアイシン、デンソーなどの期間工がおすすめです。


日産派遣は失業保険をすぐに受給できなくても、日産期間工ならすぐに受給可能? 


期間工の場合は、日産自動車と直接雇用を結んでいます。


そのため契約期間終了後、ハローワークに離職票を提出すれば7日間以内に雇用保険が給付されます。


ただし、派遣社員の場合は派遣会社に雇用されているため、派遣会社の失業保険に入っています。


日産自動車の派遣を打ち切られたからといって、失業保険が給付されることはありません。


派遣会社に登録している間は失業扱いにならないからです。


また、派遣会社の登録を自分で解消した場合は、会社都合ではなくて自主退社扱いになるので、失業保険の給付は3ヶ月後からとなります。


まとめ



日産派遣について派遣社員と期間工の待遇などを比較しながら、双方の労働環境や給与面についてまとめてみました。


求人情報の時給などを見ると派遣社員の方が額面上は高く記載されているようです。


しかし、働く期間にもよりますが、ある程度の期間でトータルすると、期間工の方が給与の面で恵まれています。


また、期間工の場合は寮費や光熱費、水道料金などもすべて無料で、給与以外の報奨金や手当なども充実しているようです。


お金を貯めたいという人には期間工の方が恵まれた環境だということがわかりました。


日産派遣を検討している方は、参考にしていただければ幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です