兵庫県にある住み込みの求人!!めざせ!正社員!


 今回は、兵庫県で住み込みの仕事を探している方の為に、とっておきの情報をお届けしたいと思います。一言で「住み込みの仕事」といっても、その雇用形態も様々ですし、待遇などもよくチェックしておかないと、後で後悔する事もあり得ます。


 この記事では、兵庫県で住み込みの仕事を探す場合、どんな仕事が良いのか? 雇用形態は派遣社員が良いのか?契約社員が良いのか? また将来性を考えた職探しには何が重要なのか…という点に至るまで、詳しく解説していきます。


 


兵庫で見つかる住み込み求人!!


では、兵庫県で実際に出されている求人情報をチェックして、どんな条件の仕事があるのか見てみましょう。以下は兵庫県での住み込み可能な仕事の一例です。


 1,旅館の板場


その名の通り、旅館の調理場での仕事です。兵庫県豊岡市での勤務となり、月給は基本給が150,000円~195,000円。それとは別に、職務手当 90,000円~105,000円が定期的に支払われ、それらを足すと、月給は240,000円~300,000円となります。https://www.hellowork.go.jp/servicef/130050.do?screenId=130050&action=commonDetailInfo&kyujinNumber1=28090&kyujinNumber2=%0A02934671&kyushokuUmuHidden=&kyushokuNumber1Hidden=&kyushokuNumber2Hidden=


 2,レジャープール「アカプルコ」での監視


プールサイドで監視をする仕事です。時給は900円と安く、期間限定(2017年7月1日~ 2017年9月18日)の短期募集となります。http://www.hgp.co.jp/recruit/user/index.cgi?module=part&action=details&id=1023&searchPlace=&searchPur=0000000000000000011111111111111111&utm_source=Indeed&utm_medium=organic&utm_campaign=Indeed


3, 株式会社 まんだらや


こちらは、兵庫県城之崎市の客室係となります。月給は20万円を切ってしまいますが、ホテルや旅館で住み込みながら仕事をする事ができます。勤務時間は07:00~11:00と、16:00~21:00の2パターンがあります。尚寮費が6,000円必要です。https://www.hellowork.go.jp/servicef/130050.do?screenId=130050&action=commonDetailInfo&kyujinNumber1=28090&kyujinNumber2=%0A02641971&kyushokuUmuHidden=&kyushokuNumber1Hidden=&kyushokuNumber2Hidden=


  以上のように、兵庫県で住み込みでの仕事を探そうとすると、どうしてもレジャー・旅館・ホテル関連の仕事が中心となり、長期で仕事をするのが難しかったり、給与が低かったり…と、なかなか良い条件の仕事が見つからないのが現状です




バイト、派遣、正社員の特徴とメリット・デメリット!


 次に、兵庫県で住み込みの仕事を探す場合、どんな「雇用形態」が良いのか、考えてみます。現在、主に求人として出されているのは、以下の雇用形態が殆どです。


  1. 正社員
  2. 契約社員
  3. 派遣社員・パート・アルバイト

 各々メリット・デメリットがありますが、おおまかに言うと以下の通りです。


 まず、正社員のメリットは、なんと言ってもその「安定性」でしょう。少々の事では雇用を打ち切られたりという事はありませんので、長期の仕事で自分を成長させたい人や、家庭を持っていて、とにかく安定を求めている人にとっては、最適の雇用形態です。一方正社員のデメリットは、月給という意味では少々金額が低くなる傾向にあります。これは、社会保険や雇用保険などの社会保障の費用を、会社が負担する為です。したがって、毎月の給料よりも、安定を重視したいという人向けの雇用形態と言えます。




次に契約社員についてです。契約社員は、比較的求人の数も多く、仕事を選びやすい。そして、面接の選考もそれほど厳しくない、というメリットがあります。直接雇用となりますので、基本的な社会保険制度は完備されている職場がほとんどですが、契約期間が終われば、雇用が終了してしまう、というデメリットがあります。




最後に、派遣社員やパート/アルバイトという雇用形態です。こちらのメリットは、自分のスキルを生かして、比較的高時給で仕事が出来るという点が挙げられます。例えば、システムエンジニアという立場で派遣で働き、時給2,000円以上が支給されているというケースもあります。一方のデメリットは、やはり「雇用の安定がない」という点でしょう。派遣先の都合で、急に派遣契約が打ち切られる場合もあります。以前社会問題となった、「派遣切り」というのも有名な話です。また、勤務先までの交通費が出ないという点も、デメリットの一つです。




どうせなら安定した正社員をめざそう!!


 上記のように、各々の雇用形態にはそれなりのメリット・デメリットがあり、自分が最も重視する条件を決めて、仕事を選ぶ必要があります。


 では、結局のところ、これらの雇用形態の中で、どれを選択するのが良いのでしょうか?


 確かに短期で高給で稼ぐ、という派遣社員の生き方もあるかもしれませんが、これから先の景気がどうなるのか不透明なこの時代、やはり選ぶべきなのは「正社員」と言えます。正社員なら、賞与もありますし、コツコツ一生懸命仕事を続けていけば、昇進する事も可能ですし、将来は部下を持って、マネジメントをする側に就くことも可能です。今は若くてその場限りの仕事でも不自由はないかもしれませんが、やはり将来家族を持ったときには、「安定」はとても重要なポイントになります。


 しかし、正社員は契約社員や派遣社員と違って、採用面接が厳しい、というデメリットもあります。確かに企業としても、一生雇い続ける覚悟で選考をする訳ですから、選考基準が厳しくなるのは当然です。したがって、正社員として勤務をする為には、実際のところ、企業の選択や面接の対策など、かなりの準備期間が必要になってきますので、現在求職中の方は、無職の期間が長くなってしまう、というリスクも存在します。


 しかし、今はいきなり正社員の面接に挑戦しなくても、「あるステップ」を踏むことで、比較的容易に正社員になる方法があります。次の項では、その方法について、詳しく解説していきます。




【知らなかった?!】正社員をめざすなら期間工が近道かも!


 ここまでで、将来を見据えた仕事探しをするなら、「断然正社員がおすすめ」という事をお伝えしました。さらに、いきなり正社員面接を受けずに、比較的スムーズに正社員になる方法がある、という事も先の項で触れました。では、早速その方法をご紹介しましょう。


 その方法とは「期間工としてスタートし、その後正社員登用を狙う」という就職方法です。期間工とは、ある程度の期間(3ヶ月・6ヶ月・1年…)を決めて、雇用先企業から直接雇用されて、契約社員として働く、というスタイルです。この期間工のメリットは、しばらく真面目に仕事をしていれば、勤務先の上司の推薦を経て、正社員登用の面接を受ける事ができる、という点です。企業としても、30分程度の面接で判断する訳ではなく、実際の仕事ぶりを見て、正社員にするかどうかを決めることが出来ますので、雇用する企業と、雇用される人材の間には、ほとんどミスマッチは発生しません


 では、具体的にどんな企業が、その期間工を募集しているのか?チェックしていきましょう。以下がその一例です。


 1,パナソニックの期間工


あの、家電メーカー「パナソニック」の工場勤務の仕事です。仕事内容は、電気自動車やハイブリッド車の心臓部である、車載用電池モジュールの製造に携わる仕事です。月給は170000円~252000円となり、最初は契約社員として雇用されますが、最短2ヶ月で正社員になれるチャンスがあります。もちろん直接雇用ですので、社会保険も完備していて、有給休暇などもきちんとあります。


 2, 半導体検査装置の組み立て期間工


こちらは、形式上期間工での勤務となりますが、UTエイムという会社の正社員として採用された後、派遣先の企業へ派遣される、という形での勤務になります。月給は月給 200,000円~301,000円支給されますが、これとは別に、無料の寮に住めたり、入社祝い金17万円や、半年ごとのインセンティブ(初回のみ6万円・その後は12万円)が支給されるなど、かなりの高待遇が期待できる仕事です。




【まとめ】


 以上、今回は兵庫県で住み込みの仕事を探している方の為の、とっておきの仕事情報をお届けしました。では、ポイントをもう一度おさらいしておきましょう。


  • 兵庫県では住み込みの仕事はあるが、レジャー関連・旅館などの仕事が多く、比較的不安定で待遇も悪いケースが多い。
  • 仕事を探す上で雇用形態をしっかり検討して選ぶ事は大切。やはり将来的なことを考えると、派遣社員やパートよりも、正社員を目指すべき。
  • 正社員を目指しているなら、まずは「期間工」としてスタートし、そこから正社員登用の道が開かれている企業に就職するのがベスト。



やはり、期間工というのは、その「待遇面」・「将来正社員になれるチャンスがある」という二つのメリットがありますので、是非チェックしておきたい仕事と言えるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です