【こんな方法があったのか!!】あのトヨタ自動車の工場に採用される方法!!


もっと待遇の良い職場に移りたい、もっと給与の高い会社で働いて金を稼ぎたい、あなたの周りにそんなお友達やお知り合いはいませんか?トヨタの工場でその夢が叶います。トヨタの期間工は派遣社員ではなく、直接雇用の契約社員です。待遇はもちろん年収も業界トップクラスで、期間工からの正社員登用数は業界で最も多いことをご存知ですか?あなたがまだ知らないトヨタの工場に採用される方法、トヨタの給与や待遇などを徹底的に調べました。 



【超難関!】大手自動車メーカートヨタで採用されるためには??


 トヨタ自動車の2017年度採用倍率は56倍でした。2018年度の新卒入社希望ランキングが全業種で第12位であることを考えれば頷ける数字です。過去5年間トヨタ自動車に就職した大学別のランキングを見てみると、地元の名古屋大学はもちろんですが、東京大学、京都大学、早稲田大学、慶応大学などの名門校が上位を占めています。しかし期間工の採用は狭き門ではありません。少子高齢化による生産者人口の減少により、長期的な技能の伝承が困難になることを見据え、トヨタ自動車は期間工の常態的な採用に舵を切っているからです。


トヨタでは非常に正社員雇用の門は狭いけども期間工の採用で人数を大量に採用するという経営方針です。


次の項で細かく扱っていきます。




トヨタ自動車へ裏入社?!【こんな方法もあります】


 トヨタは、他社にないほど正社員登用への門戸が広いというのは事実です。


これは先ほど述べた正社員数とも関係してくるの期間工という職です。期間工とは工場で働く契約社員のことをさします。期間工は契約社員のため契約が満了時には正社員になるチャンスだってあります。なので、個の窓口が広いため、トヨタの採用人数が多いということなのです。


ここ数年、各都道府県においてトヨタ自動車の工場が採用を目指す期間工の有効求人倍率の高さが、期間工の積極的な採用の証になります。期間工の採用試験で重要なのは面接ですが、心配する必要はありません。面接は一ヶ月に2度、3度と受けられますし、面接官はその都度違うトヨタのスタッフが配置されます。


つまり、あなたと相性の良い面接官に出会うまで、あなたは粘り強く待てば良いのです。どうしても受かりたい方は事前に準備して望むことをお勧めします。


事実2014年には90人の期間工が正社員になり、その数は翌2015年に387人と4倍以上に増えました。さらに2016年には500人の期間工を正社員とする計画です。優秀な期間工を正社員登用するのは、強い技術系職場の堅持というトヨタ自動車の企業理念を象徴しています。正社員登用の仕組みですが、まず一年間は期間工として働く必要があります。もちろん職場の上司に正社員になりたいと意思を伝えておくことは忘れてはいけません。その後、職場推薦が得られると準社員選考会が年間に4回開かれ、選考試験を受けることになります。受験者は1回に500人程度で年間に500人が計画通り社員になるとすれば、4人に一人が合格することになります。「期間工から正社員へ」それほど狭き門ではありませんね。準社員選考会を通過すれば、問題を起こさない限り100%社員になれます。選考試験は面接と、筆記試験からなります。 面接は毎年同じ質問ですから、予め答えを準備できるので心配はいりません。筆記試験は中学生レベルの国語、数学とSPIの試験からなりますが、過去問を予め教えてもらえるので、勉強は楽です。


もちろん待遇だって正社員同様の高待遇なんですよ!


勤務は2交代制で実労時間は7時間35分ですが、勤務先により3交代制や常昼勤務のところもあります。休日は土日曜日休みの完全週休2日制で、長期休暇としてGW、夏季休暇、年末年始休暇を取得することができます。社員寮はひとりワンルームとなっており、寮費や光熱費は無料で、食費の補助として毎月一万円が支給されます。もちろん社会保険各種が完備され、赴任手当や帰任手当の支給もありますから新しい生活を立ちあげることも容易にできますね。


 


トヨタ期間工ってどんな仕事をするの?!


 気になる仕事内容ですが、心配はいりません。ほとんどのスタッフが未経験から始めています。それほど、教育がしっかりしているといえますね。汎用製品の部品製造から、完成車として送り出すまでの生産ラインで行うプレス、溶接、完成車組立、エンジン組立や機械加工などの仕事を行います。どの仕事も機械やコンピューターにより自動化されているので、部品のセットや工程管理、製品のチェックなどの作業が中心となります。ここであなたが最も関心のある給与の説明をさせてください。トヨタ自動車の期間工の日給は基本が9,650~10,600円ですが、これに特別手当、食費補助、赴任帰任手当、経験者手当、契約満了慰労金や報奨金などを加算すると、月収が272,780~295,390円(21日勤務、残業20H、深夜手当32.5H、時間帯手当77.42Hを含む)となります。


つまり年間ベースの収入で計算すると、初年度で軽く350万円を超える可能性もあるのです。


これが業界トップの給与水準であることは誰もが認めるところです。


  


他社の期間工と比較しても、トヨタ自動車って良い環境なの?


 トヨタ、ホンダ、日産などの自動車メーカー3社に勤める期間工の方の雇用条件を比較してみました。


まず、賃金の基本となる給与です。


トヨタの日給が9,650~10,600円であるのに対し、ホンダは10,200~10,400円となっています。トヨタは期間工を2年6か月以上勤めればホンダよりも日給は良くなりますが、スタートはホンダの方が日給は若干良いです。日産の場合は時給なので簡単に比較するのは難しいですが、実労が一日8時間であることをベースに単純計算すれば日給9,600円となり、長く勤めても時給が上がることはないので、3社の中ではやや低い賃金となります。


契約満了慰労金・報奨金の比較をしてみます。


  •  トヨタでは契約満了慰労金は初年度が一万円、その後7万円、最後の契約終了時(2年11ヶ月)には10万円になります。(トヨタは契約満了慰労金とは別に報奨金という特別手当があるので、実際はこれよりかなり高額になります)
  • ホンダは契約満了慰労金は9万円でスタートし、その後15万円、2年11ヶ月後は17万円が支払われます。
  • これに対して日産の契約満了慰労金は19万円となっていますが、それぞれの会社が支給要件を細かく設定しているので一概にどの自動車メーカーが最も良いかは判断が難しい所です。



 ただし、トヨタは契約満了慰労金+報奨金で35か月間(2年と11ヶ月終了時)に最大300万円になる可能性があります。これに対しホンダと日産は同様の期間働いたとしても契約満了慰労金は最大で185万円前後です。(支給要件が細かく定められているので一概にトヨタだけが跳び抜けて高額であるとは言い切れません。)


このほかにも経験者手当がトヨタとホンダで1万円~10万円、日産が5万円となっています。


食費補助の補助についてはトヨタが1万円を日産が3万円をそれぞれ現金で支給しているのに対して、ホンダは1万3,000円を支給した上で、勤務時の食事を一回無料で提供しています。


以上が給与及び諸手当に関する各社の期間工の雇用条件の比較です。


実際に提示されている給与が良いのか、そうでないのかを判断するのには、勤務のシフトや実労時間を比較してみなければ的確な結論は出ません。いくら給与が他のメーカーと比べて高くても、実労時間が長ければ、それは良い条件とは言えませんからね。 


トヨタは連続2交代制勤務で実労7時間35分、ホンダは基本的には2交代制勤務又は3交代制勤務で実労がシフトによっても異なりますが、6時間35分~8時間、日産は2交代制勤務で実労8時間となっています。また休暇については3社ともに土日曜日休みの週休2日制で、長期休暇がGW、夏季、冬季にそれぞれ取得することができ、ほぼ同じ条件です。 


さすが大手自動車メーカー!社員寮だってすごいんです!


というのもどのメーカーも社員寮を完備し、基本はひとりワンルームとなっています。


 寮費はもちろん光熱費なども無料です。さらには食堂もついていることがあり、生活費はほとんどかからないというのが期間工なのです!


各社を比較する最後の項目は、正社員登用制度についてです。ホンダも日産も実績ありという文言だけで、実際の期間工から正社員への登用人数を公表していません。2014年度90名、2015年度387名、2016年度500名登用予定とキチンと数字を公表しているのはトヨタだけです。 さらにホンダでははっきりとした数字は掴めませんが、100人受験して期間工から正社員になれるのは年間わずか2~3名ということです。トヨタの500人と比較するとずいぶんと狭き門ですね。日産はあまり正社員登用には積極的ではないようです。 


参照:https://www.hankyudensha-movie.com


 トヨタ、ホンダ、日産の3大自動車メーカーの期間工の待遇や給与、手当を検証してきましたが、やはりトヨタが頭一つ抜けていると感じます。他にも三菱自動車、スバル、マツダ、いすゞ、日野自動車などの自動車メーカーもありますが、期間工の待遇や給与、手当などや正社員登用の可能性については、トヨタ、ホンダ、日産に遠く及びません。


参照:


https://www.kachigumikikankou.com


https://www.kikankou.jp/toyota


https://www.kikankou.jp/honda


https://www.kikankou.jp/nissan#id11




【まとめ】


トヨタ自動車の工場で期間工として働くことに興味が湧きましたか?


あなたと、あなたのお友達やお知り合いの方々に期間工に関する有益な情報は伝わったでしょうか?


 やはり世界のトヨタと呼ばれるにはワケがあるのですね。自動車販売台数世界一だけの企業ではなく、期間工になろうとする皆さんの待遇や給与も業界で群を抜いているのです。期間を区切って、契約社員としてどこかの会社で働くなら、世界一の企業で業界一の待遇の下で、業界一の給与をもらってガッチリ稼ぎませんか?もちろん正社員に登用されることも視野に入れて。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です