《派遣の謎?!》派遣社員は50代でもなれるのか?!


50歳でも働ける?気になる「派遣社員」の年齢制限について

若いときには「派遣社員」であることにそれほど不安を感じなかった人でも、40代後半にさしかかってくると「果たして、このまま派遣社員を続けても大丈夫なのだろうか?」「いきなり、首を切られるのではないだろうか?」と不安に感じてくると思います。

 

身近に50代の派遣社員の例が無い場合は、この先も雇ってもらえるのか不安ですよね。50歳になっても、派遣社員でいられるのかという漠然とした不安は日に日に大きくなっていきます。

 

でも、安心して下さい!

50歳を過ぎても「派遣社員」として働いている人は意外と多いのです。

その中には、特別な技能や資格を持っていない人も多数存在します。

 

では、このまま派遣社員を続けても大丈夫なのでしょうか?

そんな不安を解消する手助けとなる情報を紹介しますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

「派遣社員」に年齢制限は無かった!

正社員と同じように、派遣社員に応募する場合も「年齢が高いと不利なのではないか」と躊躇することがありますよね。巷では、「40歳を過ぎたら採用されない」という噂もありますが、本当に年齢制限があるのでしょうか?

 

2007年10月に改正された『雇用対策法』によりますと、

事業主は労働者の募集及び採用について、年齢に関わりなく均等な機会を与えなければならない

引用:「厚生労働省 募集・採用における年齢制限禁止について

とあります。この法律によって、事業主が年齢を理由に中高年労働者の募集に年齢制限をかけることが出来なくなりました。

しかし、法律的には派遣社員の採用に年齢制限をかけることができなくなったとしても、実際に中高年労働者が派遣社員として採用されているのか気になりますよね。

結論から言いますと、積極的に中高年労働者を採用する派遣会社は増えてきています。全ての派遣の業種で中高年労働者が積極的に採用されるワケではありませんが、中には若い労働者よりも中高年の労働者を希望する派遣会社が存在するのです。

ですから、50代だからといって派遣社員への応募をためらう必要はないですよ!諦めないで、中高年向けの派遣の仕事を探してみませんか?

50代でも働ける派遣の仕事とは?

採用されるためには、50代でも採用されやすい派遣の仕事を選ぶ事が鍵になります。若さや体力が優先される派遣の仕事に応募しても採用される確率は低いですよね。

でも、悲観することはありません。50代でも、かなり多くの業種から派遣の仕事を選ぶことが出来ますよ!

もしあなたに資格や経験があるなら、
  • 市場調査
  • 営業
  • 販売戦略や企画のアドバイザー
  • クレーマー対応
  • 督促、回収
  • 庭の剪定
  • 電気工事
などをお勧めします。

これらの業種は、資格や経験を存分に発揮できる分野ですのでやりがいも十分に感じられるでしょう。

 

資格や経験がない人でも、
  • 清掃業務
  • 建物、施設、駐車場の管理
  • 運送業
  • 資材、器具製品などの検収
  • 保管管理
  • 警備業務
  • チラシ配り
と、選べる仕事にかなり幅があります。

資格や経験がなくても採用されやすいので、自分にピッタリの仕事を探しやすいとも言えるでしょう。

デメリットだけではない、「派遣社員」という生き方

派遣社員というと、どうしても正社員との待遇を比較して悲観してしまいがちです。しかし、本当に派遣社員はデメリットばかりなのでしょうか?

ここでは、派遣社員のメリットとデメリットについて考えていきたいと思います。

派遣社員であることのデメリットといえば、金銭的な面が挙げられます。

祝日などで休みが多い月は収入が減ってしまいますし、正社員と同じ労働内容であったとしてもボーナスは出ません。

また、会社の経営が苦しくなったときに真っ先に首になるのは派遣社員です。派遣の契約が終了して仕事を継続したいと思っても、打ち切りになってしまうこともあります。

精神的な面においては、正社員との格差が挙げられます。派遣社員は責任がある仕事を任されることが少ないので、向上心が強いと不満に感じることもあります。社内的なことにも一線を引かれるので不満を感じるかもしれません。

しかし、派遣社員は本当にデメリットばかりでしょうか?

50代の正社員ともなると、責任のある仕事を任され企業内の派閥や人間関係に翻弄されて心身共に擦り減ってしまう人も少なくありません。

鬱になって、働けなくなってしまい引きこもりの生活を余技なくされることもあります。

はたして、そのような人生が本当に充実していると言えるのでしょうか?

派遣社員は、保障こそありませんが一つの会社に捕らわれることがなく比較的「自由である」ということが最大のメリットです。わずらわしい人間関係や一つの職種に縛られることなく、自分がその時やりたい仕事を選択出来る「自由」があるのです。

派遣社員の中でも好待遇の「期間工」を知っていますか?

いくら派遣社員は「自由」が効くと言っても、保障が無いのが最大のデメリットです。派遣社員でも、少しは保障があれば嬉しいですよね。そこで、ここでは派遣社員の中でも待遇の良い『期間工』について紹介したいと思います。

「期間工」とは、その名の通り働く期間を決められて就労する契約社員のことを言います。仕事内容としては、自動車工場や電子部品製造工場などで部品の組み立てなどを行います。

期間工を始める方に、専門的な知識は必要ありません。知識や経験は必要なく、単純作業を任されるケースがほとんどなので異業種で働いていた人でもすぐに仕事を覚えることが出来ます。

給料も、「給料+手当」で平均月給が30万円前後とかなりの高額報酬です。例えば、トヨタが募集している期間従業員の待遇は「月収」の他に「残業手当」「深夜手当」「時間外手当」などがプラスされます。しかも、契約が満了した際には「満了慰労金」「満了奨励金」など手厚い手当が受けられるのですよ(契約期間によって金額増)。

そして、期間工のメリットは金銭的なものだけではありません!期間工は、短期契約でも大手メーカーの福利厚生を受けることが出来ます。ほとんどの場合、寮が完備されているので家賃や光熱費・食費を少ない金額(寮費)で賄うことが可能になります。大手メーカーに勤務出来るので、モチベーションも上がりますよね!

期間工の仕事に慣れてくると、短期契約ではなくもう少し続けていきたいという思いが強くなると思います。そこで気になるのは、契約が延長出来るのかということです。

安心して下さい!期間工は、契約を延長することができるのです。加えて、失業保険も受けられるので万が一契約を延長することが出来なかったとしても安心ですね。

例として、トヨタの期間工は最長で2年11月まで契約を延長することが可能です。しかし、期間工の仕事を延長できるとはいっても延長を決める権利は事業主にあります。雇用主に嫌われてしまった場合、契約お延長は難しいと言えるでしょう。

では、雇用主に嫌われてしまう人とはどのような人でしょうか?例を挙げると
  • 病気中で療養が必要な人
  • 仕事を休みがちな人
  • 仕事に適応する能力が無い人
になります。言われてみれば当然ですよね。

万が一、何かの理由で契約が延長できなかったとしても失業保険が受けられます。期間工の場合は自主退社ではなく、契約満了での退社になりますのでハローワークでしっかり失業保険の申し込み手続きを行えば7日間の待機後に失業保険がすぐに給付されます。期間工の場合は、給付期間もほとんどの人が90日となっています。

では、契約の最長期限を過ぎてしまった場合はどうでしょうか?

期間工の仕事をもっと延長したい、もっとこの職場で働きたい!という熱意があるならば、正社員になることを考えてみたらいかがでしょうか。期間工には、ある一定期間働くと正社員登用試験を受ける権利を与えられます(勤務態度がまじめであること、上司の推薦があることが条件)。しかも、50代で期間工から正社員へ登用された人も居るのですよ!

正社員になれば、責任が増えて負担が増えますが、「いつ首を切られるか分からない」といった漠然とした不安から解放されます。ボーナスや退職金、その他手当を受けられるのも魅力ですね。正社員になることが目的で期間工に応募する人も少なくありません。

 まとめ

派遣社員は、雇用の保障が無いので年齢が上がるにつれて不安が増すと思います。しかし、50代でも派遣社員より待遇の良い「期間工」という仕事があります。

 

50代といえば、子育てが一段落して第2の人生を考えるのに最適な年代とも言えます。退職後の人生を考えて、給料の高い「期間工」でお金を蓄えて夫婦の夢である飲食店をオープンさせたり、田舎暮らしという理想の暮らし方を実現させたり、海外移住をする人も居ます。50代になったの今、将来に夢を描いて、第2の人生への第一歩踏み出してみませんか?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です