《派遣の謎?!》派遣社員は50代でもなれるのか?!


派遣社員は何歳まで雇ってくれるのだろうか?50代でもできる派遣の仕事はあるのだろうか?資格や技能はなくても大丈夫だろうか?…これから派遣社員として働きたい50代の気になる情報です。


しかし安心して下さい。実は意外に派遣で働く中高年は多くて、特に資格や技能がなくても採用してくれる会社もあるのです。


だから50代のあなたでもちゃんと採用してくれる会社がきっとあるはず!


そんな中高年が派遣社員として働く前に気になる情報をご紹介しますのでぜひ参考にしてもらえればと思います。



実は50代でも働ける?!派遣社員をするには年齢制限があるか?!


巷では派遣社員と言うと「40代以降は採用しないから応募するだけ無駄」


そんな年齢制限があるという噂も耳にしますが実際にはどうなのでしょうか?


 法律的には“雇用対策法”が改正され、2007年10月から求人をする場合には年齢制限を行うことができなくなりました。


 これは求人募集だけでなく、採用においても、一部の例外を除き、年齢に関係なく均等な機会を与えなければならないとされています。


 このように法律的には大丈夫だと言われているのですが・・・


表向きはそうだとしても「現実的に雇ってくれる会社はあるの?」って不安ですよね?


 しかし今は中高年を積極的に雇ってくれる会社も増えているのですよ!


学生やフリーターなど若い人が多い現場、年金生活者も含め年配の人が多い現場などと派遣される現場(職場)により希望される年代層が異なりますから50代の人でも年齢だけで判断して不採用にすることはないと言われているのです。


 だから50代でも年齢を理由に諦める必要はありません



そんな50代が働ける派遣の仕事とは?


 50代が働ける派遣の仕事にはどんなものがあるのでしょうか?


 あなたが50代だからと言って“できる仕事は制限される”とは限りませんよ!


かなり幅広い職種、業種があるのです。


 過去の経験や資格を活かせる人は市場調査、営業、販売戦略や企画のアドバイザー、クレーマー対応、督促・回収、庭の剪定、電気工事などこれまで培った経験を思う存分発揮できます。


 資格や技能がない場合でも色々なお仕事があります。


清掃業務、建物・施設・駐車場の管理、運送業、資材・器具製品などの検収、保管管理、警備業務、チラシ配りなど、その中でも派遣と言えば短期間で稼げる期間工のお仕事があります。


期間工は長期的な契約ではないので一から技術者を育成するという目的で採用をしていませんから年齢制限はありません。50代でも十分に安心して稼ぐことができます。気になるお給料も「日給+手当」で平均月給が30万円前後とかなり高額です


 まだまだ50代でも稼げるのです。


あなたがやりたい仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか?



50代派遣社員のメリットデメリット


 派遣社員のメリット


  • 多数の企業を渡り歩いても職務経歴に支障がない
  • 自分のライフスタイルに合わせた仕事が選べる
  • 派遣社員は一般的に正社員やアルバイトよりも給与が高い

 そして派遣社員のメリットはなんと言っても比較的“自由”だという点です。


自分の好みにあった職種を選択でき、企業内の派閥や人間関係の煩わしさもありません。


 正社員であれば、その会社に勤める限りは職種を変えることはできませんし


派閥争いや上下関係にも気を使わなければなりません。


 派遣社員のデメリット


  • 祝祭日が多い月は収入が減る
  • ボーナスが出ない
  • 派遣先で継続したい場合でも契約終了すると打ち切りもある

 また派遣社員は責任ある仕事を任せられることは少なく、


社内的なことにも携われないので正社員との格差を感じることもあります。


 このように派遣社員にはメリットデメリットがあります。


しかしマイナス面が多いとは言い切れません。


50代ともなれば社会的地位よりも自分の自由な生き方を選択する人が多いです。


 やはりその人の考え方次第で派遣社員のデメリットはメリットに変えられるのです。



50代派遣社員なら○○がおすすめ!!


 これまで派遣社員について色々とお話ししてきました。


結局50代のあなたが派遣社員で働くならば何がおすすめなのか!


 それはズバリ“期間工”です。


 期間工は6ケ月の短期契約で大手メーカーの福利厚生を受けられます。住まいの心配もいらず寮も完備されている場合がほとんどです。先にも触れましたが期間工は年齢に関係なく短期間でかなり稼ぐことができます。


 それだけではありません。意外にも知られていないのが契約延長と失業保険の存在!


 これはトヨタ自動車の期間工の場合ですが


契約延長を望む人は最長2年11ヶ月まで働くことができます。


しかし誰でも延長ができるわけではありません。企業が契約するかを決めるので企業にあまり好まれない方は契約延長は難しいと言えます。


そのなかでも以下のような人は基本契約更新ができない事例です。


  • 病気療養が必要な人
  • 突発的な休みが多い人
  • 仕事ができない人

このような人達なのですが言われてみれば当然ですよね。


要は普通に働き企業に恩返しができていれば大丈夫だと言うことです。


期間を最大延長できるメリットは、やはりその間にかなりのお金を貯めることができる点です。


 つぎに失業保険なのですが、手続きをしっかり行えば誰でも失業保険をもらうことができます。その日数もほとんどの人が90日間です。


 期間工の場合は自己都合の退社ではないので契約満了で辞めた場合には7日間の待機後すぐにもらえます。それだけ福利厚生もしっかりしているので安心して働ける職場だと思います。


 派遣先も色々とありますが、ここまで優遇された条件は期間工意外にはないと言えます。


【まとめ】


 50代と言えば子育ても一段落しています。


これから自分の好きなように生きたいと願い期間工で貯めたお金で夢を叶えるという人達も多くいるのです。


 例えば、夫婦念願の飲食店をオープンさせたり、田舎暮らしの資金にしたり、海外移住する人達もいます。


 派遣社員はある意味“夢を叶える選択肢”の一つなのかもしれません。


50代はまだまだこれからです。新たな素晴らしい人生を踏み出す一歩になるかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です