短期で工場で働くならバイトよりも○○がいいらしい!


短期で工場で働きたい…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。


短期、工場、バイトとインターネットで検索をすると、さまざまな仕事がヒットしますが、アルバイトの場合には、時給がそれほど高くない仕事も多いです。


そこで、短期で工場で働くなら、バイトよりも、良いお仕事があります。


それはどのようなお仕事なのでしょうか。詳しく見て行きましょう。


 


◇アルバイトよりも稼げる!融通がきくうえに正社員並の待遇?!



アルバイトよりも稼げる、工場のお仕事でおすすめなのが期間工のお仕事です。


期間工のお仕事は、期間従業員とも呼ばれていて、工場での製造のお仕事がメインとなります。


期間工のお仕事は、実は短期間でも、正社員でなくても高い給与が稼げるお仕事として知られています。


かつ、正社員登用も積極的に行っているところが多いですので、正社員も目指すことができます。


トヨタや、ホンダなどの大手の有名企業の直接雇用となりますので、待遇が良いのも人気の秘密です。


手当なども充実していますし、期間工として勤務した場合、寮が完備されていて、寮費や光熱費などが全て無料となります。結果を出せば正社員になることも可能ですので、ただのアルバイトで働くよりも大変魅力的なお仕事であると言えるでしょう。


 


◇短期で稼ぐなら期間工


 


期間工として働く場合、3ヶ月という短期間でも稼ぐことが出来ますし、3ヶ月契約の期間工としても勤務をすることが出来ます。


たとえば、3ヶ月契約での場合、トヨタの期間工として勤めた場合、月収例 278,250円(日給9,800円)であり、これに深夜手当や、時間帯手当、残業手当がしっかりとつきます。


また、3ヶ月契約でも、満了の場合には、満了慰労金と満了報奨金を受け取ることが出来ます。


これは、たった3ヶ月契約であったとしても、合計で12万1500円を受け取ることが出来ると言うことで、普通のバイトにはない厚待遇であると言えるでしょう。


3ヶ月の短期で働きたい、という場合にも、3ヶ月で辞めてしまったとしても、これだけの報奨金や慰労金を受け取ることが出来るので、とてもメリットは大きいと言えるでしょう。


 


◇自動車工場の求人が多い理由は?


世界において、日本の自動車はとても人気があります。


トヨタなどは、何度も世界一の販売台数を誇っていますよね。


一体、何故なのでしょう?


そこには、日本人の最新技術にこだわる研究心と、大量生産を常時行えるだけの労働力が確保できていると言う背景があります。


また、もちろん、繊細な部分に至るまで、安全性を重要視する国民性への信頼もあるでしょう。


大量生産を常態化するためには、工場が24時間体制で稼働できるだけの人材を確保しなければなりません。


そこで生まれたのが、期間限定契約社員という期間工なのです。


2交代勤務体制で、製造作業を止めることなく、多くの製品を仕上げていきます。


機械組立やプレス加工、塗装など、あらゆる作業工程をラインにして、チームで製造するのです。


多くの人材を求人で集めるために、自動車工場は高額な給料を提示し、また、経験値の高い人にはさらなる報奨金を付加するなどして、より有能な人材を確保しています。


そのことが、期間工にとって、大きな魅力となり、多くの若い男性がチャレンジするようになりました。


 


◇短期で稼いでみたけど続けても良い場合は?


 


また、期間工として、短期でとりあえず稼いでみたけれど場合によっては続けてもいいかもしれない…と思えることもあるかもしれません。


その場合にも、さきほど挙げたトヨタは、継続して更新をすることが出来ますし、初回更新特別手当を受け取ることが出来ます。


また、トヨタでは正社員登用制度を取り入れていて、積極的に正社員登用をしていることでも知られています。


長期で経験を積めば、正社員としても採用される可能性もあるので、とてもおすすめの企業です。


そして長期で働きたいという場合、正社員として雇われやすいところに、デンソーがあります。


デンソーはトヨタとは違い、残業が多いと言うことでも知られていますが、その分残業手当で稼ぐことが出来るため、がっつりと稼ぎたいという方にも短期のバイトでおすすめです。


また、デンソーも、在籍手当や、再入社手当が充実していて、契約が満了しても、再び続けたいとなれば、受け入れて貰うことが出来ますし、正社員登用制度もありますので、正社員を目指すことが出来ます。


デンソーは、長期で働くのであれば、かなり良い環境であると言うことでも知られています。


 


◇短期で稼いだ人はどれくらい稼げたの?!


 


短期の期間工のお仕事では、実際に皆さんはどれぐらい稼いでいるのでしょうか。


まず、トヨタの期間工のお仕事で3ヶ月程度の短期で働いた方は、月収例と同じ程度の金額を稼ぐことが出来たという口コミがあります。


しかし、月収例よりも少ないという例もあれば、それ以上貰えるという例もあるようです。


トヨタは残業がほぼないということもあり、月収例よりも少ないケースもあるようです。


しかし、3ヶ月間の満了金は、一度も休まなければ、受け取ることが出来ますので、この分は頑張れば必ず受け取れると言うことになります。


また、デンソーの月収例は、281,991円~314,173円なのですが、3ヶ月の短期の期間工のお仕事でも大体この程度稼ぐことが出来るようです。


デンソーはトヨタとは違い、残業が多めにありますので、月収例とほぼ同じか、それ以上もらえるケースも結構あるようです。


 


◇期間工の寮生活の実際は?


期間工の仕事が初めての人にとって、地方での寮生活がどんなものなのか、一番気になるところですよね。


少し前までは、相部屋や数名で一部屋という会社も多かったようですが、現在、求人をしている大手の自動車工場などでは、ほとんどが個室になっています。


中には、レオパレスを一部屋、準備してくれている会社もあり、寮設備はかなり快適なものとなっています。


女性にはセキュリティがしっかりとした女子寮が用意されていますし、家族で働きたい人たち向けに社宅も設けている会社もあります。


工場内に保育所があるところもあると聞きます。


冷暖房完備、家具や布団、生活に欠かせない電化製品なども全て揃っており、さらには低価格で食べられる食堂もあるので、生活費はほぼかかりません。


人間関係を気にする必要もない個室なので、十分にプライベートの時間を楽しむこともできるのです。


仕事をしっかりやって、プライベートもちゃんと充実させて、その上、高給が手にできるのですから、期間工の仕事はとても魅力的なのです。


 


【まとめ】


いかがでしたでしょうか。


短期の工場のバイトで働きたい…という方もいらっしゃると思いますが、実は有名企業の直接雇用で、期間工として働いた方がより稼げると言えるでしょう。


3ヶ月という短期間でも、入社祝い金や、満了金を受け取ることが出来ますし、月収30万円も目指すことが出来ます。


また、経験を積めば正社員登用も可能ですので、ゆくゆくは正社員として働きたい…という方もチャンスがあると言えます。


工場の短期のお仕事を探している…という方は、この機会に、ぜひ一度期間工のお仕事を検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です