アルバイトで工場で働くのはもったいない!夢のためにも期間工がおすすめ!


 あなたは何か目標がありますか?何か目標をもって働くことは、仕事にもやりがいが生まれますし、何よりも仕事のつらさを忘れさせてくれます。 ところであなたは、期間工(期間従業員)という働き方をご存じでしょうか?期間工とは、主に自動車や電子部品などの製造工場で働き、繁忙期を中心に一時的に働く契約社員のことです。実はこの期間工、短期間でアルバイトよりも稼ぐことのできる働き方なのです。工場でアルバイトはもったいないない!期間工を勧める理由をお伝えします。



【ちょっと待った!!】アルバイトで働こうとしている方


 工場でアルバイトを考えている人には、色々な理由があります。それは、あなたも同じこと。将来の目標に向けての資金集めのためや、今日を生きるため…。みなさん、様々な理由で働こうとされていることと思います。


 同じ働くならば、早めにお金を貯められた方がいいでしょうし、1円でも多く稼げた方がいいと考えるのが普通です。しかし、分かっていても、意外とだらだらと働いてしまったり、せっかく働いても貯蓄までの余裕はなかったりという人も多いのではないでしょうか?


 そこでオススメなのが期間工(期間従業員)です。期間工は、アルバイトよりも給与や手当が良くて稼げる上に、寮費に入れるので、集中して貯金することができます。無料のところや食堂を備えているところも多く、生活費もあまりかかりません。


 仕事内容は、企業にもよりますが、ラインでの組み立て作業を任せているところが多いです。マニュアル通りの作業なので、初心者でも女性でも始めることができます。二交代制で夜勤があるなど体力がいる仕事ですが、短期間でお金を貯められるということで、アルバイトよりも魅力的に感じている人はたくさんいます。


【こんなにも高額?!】アルバイトと期間工の給与がどのくらい異なる?


 例えば、時給1,200円の工場アルバイトを、1日7時間労働で20日働いたとしましょう。月収16万8千円、年収201万6千円となります。


 あなたが一人暮らしならば、収入からさらに家賃や食費、水道光熱費、税金などを支払わなければなりません。毎月かかる必要なお金が10万円程度とすると、あなたが1年で貯金できるお金は81万6千円ですね。


 一方、期間工は、アルバイトと同じくらい働いて月収30万円ほどといわれています。ここから社会保険料が天引きされますが、期間満了金という、契約期間の満了ごとにもらえるボーナスのようなお金がもらえる企業が多く、年収にするとだいたい320万円が平均です。


 さらに期間工は、無料または格安の寮があります。食堂も備えているところが多いので、毎月かかる必要なお金は、5万円程度ですみます。つまり、あなたが1年で貯金できるお金はざっと260万円になります。


 お金を貯めるという目的だけで見れば、工場のアルバイトに比べて、期間工はその3倍も貯めることが出来るのです。



期間工で困窮から脱出!


期間工は、3カ月~6カ月の契約を繰り返し、最長2年11カ月まで働くことができます。その後一度辞めることにはなりますが、また応募すれば同じところに採用してもらうことが可能です。


ブログなどにおいても、期間工で働くことによって、金銭面に余裕が出来たという人は多いです。驚くのはその貯金額。期間工になって3年で、貯金額がなんと1千万円を突破したという人もいるほどです。すごいですよね。


もちろんそれは極端な例で、期間工で働いている人皆がそうだというわけではありません。しかし、普通に生活していても平均で200万~250万円は貯めている人が多いことから、長く働けば働くほど、貯金額は増えていくことは確実です。


ある人は、借金を返済するために期間工として働き始めたそうですが、6カ月で借金を返済でき、さらに人生ではじめて貯金ができたとか。借金を抱えたままではとても無理だったでしょうから、とても夢のあるお話です。



短期で稼いで夢をかなえる!


期間工になると、短期でお金を貯めることができます。結婚するため、進学のため、俳優になるための上京資金…。夢を持って期間工を選ばれている方は、老若男女問いません。


とはいえ、最初はみなさん、期間工として働かれることに葛藤があるようです。アルバイトでいいか…と逃げそうになる心を封印し、「お金を稼ぐんだ!」と身を奮い立たせて応募されます。確かにネットで調べると、「期間工=お金はもらえるけど、きつい仕事」というイメージが強いように思います。


実際、働かれて数日は、とてもきつい仕事に感じるようです。しかし、期間工が任される仕事はマニュアル化された仕事なので、自分でペースをつかめるようになってくると、だんだんと苦ではなくなります。最初はきついと思っていても、期間が満了する頃には、「もっと続けてもいいかな」と思うようになっている方がほとんどです。


期間工はきつい仕事だと聞いて、余計に不安になってしまう方も多いでしょう。しかし、一度飛び込んでしまえばそうでもないという方が結構いらっしゃいます。


 何より、短期間でお金を貯めることが目的なわけですから、そのためならば、多少の苦労も吹き飛んでしまいそうですね。


【まとめ】


 もちろん、休日返上でアルバイトを掛け持ちすれば期間工ほどの貯金が得られるかもしれませんが、それでは時間を自由に使えるというアルバイトのメリットが失われてしまいます。


 アルバイトも期間工も、仕事の繁忙期に合わせて工場が採用する、期間付きの従業員です。どちらも同じように募集して面接を受けて採用されて、仕事して…。しかし、アルバイトと期間工では、給与を含めた待遇が大きく異なってきます。工場のアルバイトよりも期間工を検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です