DENSOで働く期間工の口コミや情報まとめ。寮は?給料は?


皆さんは株式会社デンソーという会社をご存知でしょうか?

愛知県に住んでいる方や車に詳しい方、既に期間工をしたことをある様な人はご存知の方も多いと思いますが 『初めて聞いた!』 という方も少なくないと思います。

今回はそんな期間工の中では有名でも一般の認知はあまり高くない穴場の会社デンソーの期間工について紹介してみようと思います。

愛知県で期間工をするならデンソーはどうでしょうか?


 

期間工をしようと考え始めた人の中で車に対するこだわりの無い方が始めに思い浮かぶ会社はトヨタ自動車では無いでしょうか?

私も初めて期間工になろうと思った時に一番始めに思い浮かんだ会社はトヨタでした。

現役の人が書き込んでいる場を除いて、ネット上で期間工に関してまとめられている情報を見てみると多くの場合が『期間工=トヨタの期間工』という様な書き方をされている場合が多いことからも期間工と言えばトヨタという印象が強いことを伺うことができます。

しかし実際のところはトヨタだけではなく多くの自動車を製造している企業はもちろん、その関連企業も期間工を募集しており、実は期間工には色々な選択肢があります。

今回紹介する株式会社デンソーはトヨタグループに属している自動車の部品を製造している会社でトヨタと同じく愛知県に多くの工場を抱えているので皆さんの求めている条件がトヨタの期間工と合致しているなら是非同じく愛知県にあるデンソーの期間工も一度選択肢に入れていただきたい、そんな会社です。

デンソーってどんな会社なの?

デンソーという会社を初めて聞いたという人のために少しデンソーについて紹介してみようと思います。

株式会社デンソーは愛知県刈谷市に本社を置く自動車部品世界シェア第1位を誇る会社です。

実は私が始めてデンソーの期間工について知った時『そんな聞いたこともない様なマイナーな会社は嫌だな』と思っていたので、もしかしたら同じ様なことを考えている方もいるかもしれません。

しかしデンソーという会社は実は物凄く大きくてすごい会社なんです。

デンソーの前身はトヨタの開発部門でしたが現在はトヨタグループに属する独立した会社になっています。

主な業務は自動車部品の開発、製造、販売で売上高4兆円を超える日本の誇る一部上場企業です。

主な製品はエンジン関連の部品やカーエアコンなど自動車に関連する電子機器でしたが現在は情報分野や化粧品など幅広く取り扱っています。

会社としては非常に手広く事業を拡大させていますが、期間工が関わるのは基本的に自動車に関連する製品を製造するお仕事です。

デンソーの期間工に関する基本情報

 

さてここまでデンソーという会社について少し書かせていただきましたがここからはインターネットの書き込みや私が実際に期間工をしていて聞いた口コミを元にデンソーの期間工に関する情報を見ていこうと思います。

※ここではデンソーの期間工について期間工をしている人がどの様に思っているのかを書き込んだ物です、詳しい求人情報はデンソー公式サイトでご確認ください。

デンソーの期間工が稼げるってほんと?

まずデンソーの期間工と聞いて他社で期間工をしている人が思い浮かべるイメージは『期間工の中で一番稼げる』だと思います。

一般的に期間工自体が全体的に稼げると言われていますがその中でもデンソーの期間工は特に稼ぎが良いと言われています。

今まで期間工をしたことがない人にとってトヨタやホンダの様な誰もが知っている様な会社の方が稼げると思ってしまうかもしれませんが実は期間工を募集している会社の中で1番稼げる可能性があるのはデンソーの期間工なんです。

デンソーの期間工は数ある期間工の中で唯一、年収500万円を目指せる会社になっています。

例えばこちらのアニオタ期間工の期間工比較ブログさんで期間工の年収がまとめられていますが、とあるデンソー期間工の方の1年間の手取りが約420万円とあり他社の給料と比較していますがダントツで1位となっています。

今回こちらのアニオタ期間工の期間工比較ブログさんで紹介されたデンソーの期間工をされている方は年収500万円に達していませんが私が以前働いていた会社で実際にデンソーで期間工をされていたという方がいましたが『多くの方が年収500万円に達していて稼ぎたいならデンソーに行った方が良い』と話を聞いたことがあるので実際に年収が500万円を超える部署や工場は存在していて色々なところで稼ぎたいならデンソーと言われている理由がこれです。 しかし手取り年収420万円でも他社を大きく引き離しているところを見ると、例え年収が500万円に届かなかったとしても十分デンソーで期間工をするメリットはあるのではないでしょうか?

デンソーの期間工のデメリットはないの?

他の期間工と比べて稼げるというのはわかったけどここまで給料に違いが出るってことはそれだけ何かある様に思えますよね。

『それだけお金を出さないと人が集まらないのか?』

『満了金が業界トップクラスということは満了まで続かない人が多いのか?』

『もしかして危ない仕事だから給料が高いんじゃ?』 などなど不安が出てきますよね。

当然デンソーが稼げるのにはそれなりの理由があってメリットばかりで無いのは事実ですが、皆さんが思っているほど酷いものではありません。

しかしこれはあくまでも私としては酷いものでは無いというだけで感じ方は人それぞれですからどの様なデメリットがあるかあらかじめ確認して皆さんがそのデメリットをどう受け止めるかしっかり考えていただきたいと思います。

デンソーのデメリット1:残業、深夜勤務が多い

デンソーの期間工はとにかく残業が多いです。

デンソーは稼げると言っても日給は9,650円スタートとそこまで高い訳ではありません。

では何故給料が高いのか?ということですが実はデンソーが稼げる理由は残業の多さと深夜勤務の長さにあります。

まず、デンソーの期間工は他社の期間工と比較して残業が非常に多い部署が多く高い確率で毎月40時間以上の残業をすることになりますのでその分残業手当など給料が割り増しされています。

そして深夜勤務の時間が長いことも合間ってさらに手当が付き基本給はそこまで高く無いのに実際に支給される給料は高いという現象が起きる訳です。

ですので決して危険だからとか仕事内容が難しいからと言った理由で給料が高い訳ではなく単純に労働時間が長かったり深夜勤務が多かったりなどが原因で給料が高くなっています。

危険な仕事などの心配はいりませんが労働時間が長いというのが無理という人には少々辛いことだと思います。

デンソーのデメリット2:給料以外の特典の質が低い

デンソーの期間工でよく言われることが寮のボロさです。

デンソーの期間工が住む寮はいくつもありますがそのほとんどが3DKを3人でシェアするタイプのいわゆるタコ部屋と言われる寮になっています。

他社の期間工が住んでいる寮の中には分譲マンションの様な寮もある中ボロくて壁も薄いタコ部屋の寮が当たる確率が極端に高いというのは大きなデメリットです。

仕事より寮の環境に我慢ができなくて退職する人もいる様なのであらかじめ覚悟しておく必要があります。

綺麗な寮がいい、部屋に風呂トイレキッチンが無いときつい、という人は他社に入社したほうがいいかもしれませんね。

デンソーのデメリット3:僻地に建っている工場が多い

最寄りの駅まで徒歩1時間かかる、そもそも駅の周りにも何も無い、そんな場所に工場や寮がある場合が多いです。

これを無駄遣いせずに済むと捉えるか住みにくいと捉えるか人それぞれでしょうが利便性にかけるというのは認めざるを得ない事実です。

デンソーの期間工は、はじめ車を持ち込むことができませんしコンビニで散財してしまわない様にインターネットの通販などをうまく活用する必要が出てきそうです。

デンソーのデメリット4:食堂のご飯が美味しく無いのに高い

これもよくインターネット上で書き込まれていることですが実際にデンソーで働いていた同僚に聞いてみましたがどうやら事実な様です。 他社の食堂であれば300円程度で食べられる様な定食が500円以上、場合によっては700円以上する事もある様で非常に高い価格設定になっています。

さらに料理の味もあまりよく内容で当時私が働いていた会社の食堂と比較して値段は高いのに美味しく無いと同僚が話していました。

デンソーで食費を節約しようと思ったら質素にカレーかうどんを毎日食べるしか無いようです。

肉体労働の仕事をしているのだからご飯ぐらい美味しいのを食べたい!と思っている人には不向きかもしれません。

稼げる以外マイナスの部分が多いのがデンソー

お金以外全てを捨てることができるのか、給料より生活のクオリティをとるのか。

どちらをとるのかでデンソーが向いているのか向いていないのかがわかるように私は思います。

お金が稼げれば寮も食事もどうでもいいと思える方や、お金のためなら嫌だけど我慢できるというのであれば挑戦する価値はあるでしょうから是非一度今のご自身の状況と照らし合わせてデンソーの期間工が自分にあっているのか考えてみてはどうでしょうか?

逆にまともな寮に住みたい美味しい食堂が付いていて欲しいと思うのであれば残念ながらデンソーで働くのは考え直したほうがいいかもしれません。

デンソー最高峰の寮と言われている青雲寮

 

ここまでデメリットについて詳しく書いてきましたがデンソーでも当たりと言われている勤務先と寮の組み合わせがあり、ここを引き当てることができれば幾分かマシな期間工ライフを送れる様になると思います。

その工場と寮の組み合わせが 『デンソー西尾製作所勤務、青雲寮住まい』 です。

まず青雲寮ですがこちらデンソーの寮では珍しく鉄筋コンクリート造で完全個室の寮になっています。

風呂、トイレ、キッチン、洗面台といった水周りは共有スペースになっていますが壁もそれなりに厚いため音漏れも気になりませんしプライバシーがしっかり守られたデンソーの中で最も良い寮です。

そして実はこの青雲寮、西尾製作所の敷地内にあるため西尾製作所で勤務することができれば通勤時間は10分ほどと非常に恵まれた環境で仕事をすることができます。

期間工は『通勤バスが混んでいて刑務所へ護送されている気分』とか『通勤時間が長くて苦痛』と言った愚痴をネット上でよく見かけるので通勤が恵まれているというのは結構重要なことだと思います。

寮の周辺はお世辞にも栄えていると言えませんが一応セブンイレブンとローソンが徒歩圏内にあるので不便することは無いことでしょうしもし西尾製作所勤務青雲寮住まいになれたなら小さくガッツポーズしても良いと思います。

デンソーの期間工として働いている人の感想

では次に実際にデンソーの期間工として働いている人の感想をみていこうと思います。

まず私の知り合いでデンソーに勤めている方に感想を聞いたことがあるのでその方の話していたことを紹介していきます。

その方は先ほど紹介した西尾製作所勤務の青雲寮住まいだった様で住環境に関しては文句はなかったと言ってました。

しかしデンソーに勤務する方は皆さん1度は東刈谷・若草寮というタコ部屋の寮に借り泊することになるのですがあんな寮に当たっていたら続けられる自信はなかったとも話していたのでやはりタコ部屋は相当きついんだろうなと思いました。

料理についてもデンソーは他社と比較して劣るので中にはコンビニの弁当を買ってきて食堂を利用しない人もいたそうでその人もたまにコンビニ弁当を食べていたと話していました。

仕事内容に関しては他の自動車製造の期間工より楽で残業時間は長かったけどあまり疲れなかったと話していたので仕事自体はハズレを引かなければ問題無いと言ったニュアンスの話をしてくれました。

寮さえ外れなければデンソーはすごく良さそうだなというのがこの話を聞いた私の当時の感想ですが今も振り返ってみると同じ様に青雲寮に当たれば天国の様な職場だなと思います。

次は元デンソー期間工の方が運営しているOKAHACKというブログからデンソーに対する感想を探っていきます。 まずは給料についてです。

これも月収例なんで鵜呑みにしないように。 でも今の俺の状況と照らし合わすと大体似たような感じです。運が良かった。 トヨタと違って今は毎日残業三昧、ぜんまいざむらい(知ってる?)です。トヨタではこれで終わりだー、帰れるー。だったのが今ではやっと定時か、今から本番だな。って心境です。 参照:OKAHACK

これはデンソーのホームページに記載されている月収例に対して書かれた文ですがやはりデンソーは残業が多い会社なんだなというのがわかります。

基本的に他社期間工の月収例は全くあてにならなくて私が以前期間工として働いていた会社もホームページに記載されていた月収例には遠く届きませんでした。

しかしOKAHACKの運営者さんは記載されている月収例に近い金額を稼がれているとのことでデンソーが稼げるという噂は本当の様です。次は仕事内容についてですが、こんなことを書かれていました。

立ち仕事は本当に苦痛だ。持ち場に就いたら最後。次の休憩までその場を離れることは許されない。休憩まで二時間もある。二時間も同じことを延々と繰り返すことは仕事というよりも修行に近い。私は毎日お金をもらいにいき修行をしているのだ。こんなに幸せなことがあるだろうか。精神を鍛えそしてお金を貰う。ニート再生工場である。心を強くしたい、お金もほしい、そんな贅沢を求めている人はデンソーに来てはどうだろう。 参照:OKAHACK

期間工は同じことを一日中淡々と繰り返す立ち仕事になります。

それが苦手な人にとってはまさに拷問と言って良い様です。

私は組み立てのライン作業経験者ですが、仕事中は基本的に自分の持ち場から一切離れることができません。

ヘルプに入れる交代要員がいない時はトイレにもいけないレベルです。

ライン作業は流れ作業なので自分の担当している工程を終わらせないで流してしまうと場合によっては後ろの工程者が作業に入れないなんて工程もあるので自分の仕事は決められた区間でしっかり終わらせるというのが期間工の基本になります。

『後でやるのでここ飛ばしておいてください』なんて融通は効きません。

慣れれば誰でもできる仕事ですが初めの頃はこう言ったところが苦痛に感じるという人も多いと思います。

まとめ:稼ぎたいならデンソーの期間工で決まり!

 

ここまで初めて期間工をする人には知られていない穴場な会社、デンソーの期間工について紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

ネット上では稼げると言われていても期間工をしたことのない人にとって『そんな聞いたこともない会社で本当に大丈夫なの?』と不安に思ってしまっても当然だと思います。

私も初めて期間工になる時デンソーは稼げるという書き込みを見て『本当に稼げるのかな?デンソーなんて聞いたことないし怖いからやめておこう』なんて思って、誰もが知っている車体系の会社で期間工になりました。

しかし同僚の話やネットで仲良くなった方の話を聞いてデンソーに行かなかったことを後悔しました。

皆さんも昔の私の様に『なんとなく抵抗があるな』と思っているかもしれませんがガッツリとお金を稼ぎたいと思っているのならデンソーの期間工を選択肢の一つに入れて見てはいかがでしょうか?

それと、同僚から最近のデンソーは社員登用制度も力を入れていて年々社員登用の人数を増やしているという話を聞きましたので正社員になりたいと考えている人もデンソーは選択肢に入れてて良いのではないかなと思います。

先ほど紹介したOKAHACKさんの様に実際にデンソーで期間工をした経験のある方もブログを運営してくれていますのでそう言った場所ものぞいて見て自分にあっているか確かめて見ても良いかもしれません。

デンソー期間工の日給、満了金など各種手当について

最後にデンソー期間工の募集要項について軽く紹介しておきますので参考にしてみてください。

※この情報は記事制作当時のものになるので応募される際はデンソー公式サイトの確認をお願いします。
  • 勤務地:愛知県:本社・池田・安城・西尾・高棚・幸田・豊橋、三重県:大安
  • 雇用契約期間:入社日から6ヶ月間
  • 日給:9,650円~10,950円
  • 慰労金:700円 ~ 2,000円/日 ※勤続期間による(6ヶ月1,500円/日、11ヶ月~2,000円/日)
  • 満了報奨金:1,000円 ~ 2,500/日 ※6ヶ月満了時 1,000円/日、 更新後の満了時 2,500円/日
  • 6ヶ月在籍手当:50,000円 ※在籍6ヶ月満了毎に支払い
  • 入社・赴任手当:20,000円 ※初回給与在籍者に支払い
  • 再入社手当:10,000円 ※前回契約期間を満了し、契約期間満了後1年以内に再入社した方に支払い


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です