【必見!】富士重に採用されるためのベストな方法


今年4月1日、『株式会社SUBARU』へと社名変更した、富士重工業。アウトドアシーンで大人気の車種・インプレッサを代表とする推しも推されぬ東証一部上場のブランド&大企業が今、高卒者を対象とした期間工の契約社員を募集しています。

転職支援金も支給されて寮費も無料、くわえて期間終了後は『満了慰労金・皆勤手当』等も支給されるなど、まさに

安定・快適な職場環境で、期間を区切ってしっかり稼ぎたいという貴方にオススメ!

正社員雇用制度も用意されているなど、『自動車と航空宇宙企業』でトップを目指す富士重工業で、高卒の貴方がやりがいと報酬のそれぞれを手に入れるアプローチを、こちらでご紹介させて頂きます。

富士重工業について

『スバル』『インプレッサ』のブランドネームで知られ、ディテールのこだわりと洗練の技術に多くの支持を集める株式会社富士重工業。

そのルーツと技術力の裏付けは、創業時に手掛けていた『飛行機・航空機研究』から流れをくむものなのです!

創業は1953(昭和28)年、東証一部上場の一流企業で今年4月1日に、

社名を株式会社SUBARUへと変更しました。主力の自動車事業にくわえ、航空宇宙分野へ

更なる魅了を発信していく、というのが理由だそうで、未来へ“ロケットスタート”を切った

雇用環境をご紹介します。

株式会社SUBARU(富士重工業)正社員の平均年収は、人事院の民間統計調査によると平成27年は657万円。

ここ最近の5年間は毎年アップしています。年収が最も高水準となる

50~54歳においての平均年収は、大卒で約928万円、短大卒で約698万円、高卒で

約594万円となっています。

また休日は2016年度実績で、本社は週休2日制、ゴールデンウィーク8日間、夏季休暇は

9日間、年末年始は12日間で、年間122日となっています。大企業のバックボーンにて、

社員が働きやすい雇用環境と福利厚生を提供しているようですね。

富士重に採用されるなら期間工経由が一番!

このように、大企業の雇用環境でバリバリ働くために、就職戦線では毎年人気上位に挙がる

株式会社SUBARU(富士重工業)。

2015年の採用人数実績は102名と、狭き門とは言えないまでも、人気も多いだけにその競争率は高くなっているというのが現状です。

しかしながら、富士重工業をはじめ自動車大手の各メーカーが、年々増加する需要に対して、その生産力を確保するための貴重な労働力こそ、契約社員である『期間工』のチカラなのです。

海外での〈メイドインジャパン〉のネームバリューと技術力は年々ウナギのぼりで、

その人気に圧倒的な商品力で応えるためにも『期間工』の採用と、その優れた雇用条件の提供に

自動車産業はじめ、多数の企業がしのぎを削っています。

正社員にて入社するというルートだけでなく、いまはその後の『正社員雇用精度』を設けているので、自身のスタイルにあわせて、まずは期間工として働くもよし、お給料ややりがいなど、

自分にフィットすればまさにやる気と頑張り次第で、継続雇用となる正社員採用の可能性も大きく広がってくるのです。

もちろん高卒でも『期間工』から夢のフルタイムへ。

その理想へと第一歩を踏み出しやすい待遇が用意されているのも魅力です。

次はその“メリット”をご紹介しましょう!

富士重工業の期間工の待遇紹介

『期間工』ときくと、イメージ的には“低給料&過酷労働”なんてイメージを持たることが

多いかもしれませんが、現実は全く違います。

空前の人手不足といわれる今日、それぞれの企業が、こぞって期間工や派遣社員の待遇を向上させて、優秀な人材を確保しようと必死です。

また派遣社員に比べると、企業が直接雇用する形態なので条件も良く、まさに『しっかり稼ぎたい&雇用条件もできれば優良で』という方にジャストフィットする働き方です。

以下、株式会社SUBARU(富士重工業)の期間工の待遇です。

まず安心などが【経験不問】という条件。高卒キャリアのご経験の中で、学校の授業に〈クルマ製造知識〉など、専門学校以外はありませんので、お応募に際してはどなたても安心。

遠方からの赴任には寮費・光熱費無料の単身寮が用意されていて399円の食事補助もウレシイ条件も。

赴任手当2万円が初回給与日に支給されるなど、ムダ無くお金を貯められる環境も万全で、皆勤手当や正月手当も3万円ずつ用意されていて、赴任旅費も規定により支払われます。

また稼働日数に準じた慰労金が支払われるのもメリット。実働80日で80000円、実働240日になれば何と420000円がゲットできるのです。

また労災保険や健康保険、雇用保険、厚生年金などの各種保険も完備されているので、すぐに就業スタートが可能、短期間にしっかり集中して稼げる環境が整っているのも『期間工』ならではの魅力。

日給は9000円~9600円、平均月収は約32万~33万という高報酬に加え、さらなる大きな魅力が『正社員登用制度』。

平均で毎年100名、これまでの736名(富士重工業HP参照)が、期間工経由で正社員へキャリアアップを実現しています。自身にフィットすれば、まさにやる気と頑張り次第で、

夢の『株式会社SUBARU正社員』の一員に!

今なら、派遣会社経由の応募で、最大30万円がプレゼントされるオトクなキャンペーン等も実施されているので、仕事環境もお金も好条件の『期間工』へのアプローチが、チャンスです。

(株式会社アウトソーシング)

https://kikankou.jp/fuji?utm_source=kachigumi&utm_medium=banner

期間工の面接対策とは

いよいよ期間工へ動き出す、その一歩が『面接対策』です。

一般的に正社員採用に比べ、期間工の面接及び採用基準は、それほどハードルが高くないと

されていますが、やはりそこはこれから働く新しい職場での第一歩、自分自身をしっかりと

面接担当者、企業へと誠意を持って準備することが大切です。

面接時には、当日もしくは事前に履歴書の持参や提出が求められます。

これまでの経験や自身のPR・人柄などを簡潔に、丁寧な文字で綴ることがポイントです。

立派な誇張表現でなく、ありのままの自分をしっかりと、文字で伝えましょう。この作業で

当日の面接時に、自分の伝えたいことやアピールポイントへの整理と自信につながります。

またボールペン、鉛筆とメモ用紙などの筆記用具も要持参です。

当日の服装は、スーツ着用が義務付けられているわけではありませんので、

出来る限り、清潔感の伝わるシャツ&パンツのシンプルなスタイルで問題ありません。

もちろんスーツで臨むことも何ら問題ありません。

ルーズな印象を与えないように普段よりも少しフォーマルを意識したスタイリングで問題ありません。

志望動機はシンプルに、企業の募集内容に即した内容がベターです。

面接担当者はこれまでに沢山の期間工希望者と面接に臨んでいますし、

志望動機の多くが『期間を区切ってしっかり働いて稼ぎたい』ということも

把握しているからです。ですので、いたってその動機はシンプルに

『小さいころからクルマに興味があった』

『福利厚生面や企業イメージに魅力を感じた』

『期間を決めて、期間工として真剣に働き正社員を目指したい』などと

ハキハキと伝えられれば大丈夫です。

特に企業側は、できるだけ長期雇用を望んでいる場合が多いので

『正社員登用が目標』『長期で働きたい』という志望動機は

より採用へ有利に作用するポイントにもなりますので、

積極的にアピールしてみましょう。

まとめ


以上株式会社SUBARU(富士重工業)で期間工として働く多くのメリットと、アプローチするポイントです。

大企業が成せるその優良な雇用条件や福利厚生、そして何よりも期間を決めてしっかりと『お金を稼げる』

『正社員登用へのキャリアアップ』という機会が用意されています。

クルマと航空分野に未来志向で羽ばたく『株式会社SUBARU(富士重工業)』であなたも、大きくジャンプアップするチャンスです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です