【徹底解説】三菱電機期間工として働きたい方必見!!


期間工で働きたいけど、豊田、松田、三菱と場所はいろいろありどこで働けば良いのか迷っている、もしくはどこで働けばいいのか分からないという人もたくさんおられるかもしれません。


そこで今回は三菱電機期間工についてお伝えできればと思います。


~三菱電機期間工として働くまでの流れ~


三菱電機期間工では多くの応募をされています。


製造や工場での作業経験がなかったり、知識が全くない人でも働くことができます。


期間工は電話での応募ではなく、だいたい現地での応募となっています。


面接などがありますので、服装はスーツ等で行かれると印象も良く採用される確率も上がるでしょう。


また仕事をやり遂げる責任感や協調性をアピールするのもいいかもしれません。


会社も期間工といえどやる気のある人を雇いたいと思うはずだからです。


面接等を経て三菱電機期間工として採用されますといよいよ働くことになります。職種としては部品加工や製品組み立て、検査業務、工場技術、施設管理など多くの作業があります。


期間工として雇われている人で特別な技術や知識が無い人は最初は単純作業の仕事場所で働くことになるでしょう。


最初はあまりよく分からなくても、続けていくと内容も理解でき作業も慣れてくると思いますので、まずは期間工としての作業の慣れが重要です。


~三菱電機期間工の待遇はどんな内容なの?~


三菱電機期間工として働き始めると、いろんな特典が付いてきます。


寮がありますので、遠くから来た人で住む場所が無い人などは寮に住むことができます。


費用の負担が軽減できるのでとてもよいですね。


また休日もあります。


休みの日などはゆっくりと自分の時間を過ごしてリフレッシュするのも良いですし、体を休めて仕事に備えるのも良いですね。


ただ休日出勤もある事があります。


ですが自由に自分で選択できる場所もあれば、決められているところもありますので、それは各自の応募の際、または確認してみることでわかると思います。


ですが休日出勤するならば、その分給料の上乗せもあり、より多く稼ぐことができます。


また正社員登用制度もあるので、頑張れば頑張るほど、社員さんの目に止まって正社員になる確立が上がります。


また三菱電機期間工はだいたい3ヶ月に一回更新する機会もあり、もし仕事を続けたい、もっとここで頑張って稼ぎたいと思う人は引き続き更新して仕事ができます。


ここで自分の目標額に達した人や仕事を変えたいと思っておられる人はそこで契約を終えることができます。


~三菱電機期間工として働くデメリットはあるのか~


三菱電機期間工での待遇や仕事の内容でもいろんなメリットがありますが、細かいところをいうと期間工としてのデメリットもあります。


まずは寮ですが、独身寮で1人部屋を希望していても、部屋の空き具合や人の数により、2人部屋になることもあります。


期間工として数多くの人を雇いますので、その点でこのような問題に遭遇することは仕方がないですね。


また人間関係でも多くの人が働いている分いろんな人たちに会います。


期間工の人に冷たく当たる人や同じ期間工としての来ている人でも性格が合わない、作業がうまく回らないといった境遇に合うかもしれません。


人間関係についてはどの職場でもある事なので、どのような問題に合うかはその人になってみないと分かりませんが、期間工としてきているので社員ほどストレスは無いと甘く考えない方がいいかもしれません。


また最初のうちは作業に慣れることができずに、作業を止めてしまったり、迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。


そのような時に怒られるかもしれませんが、先ほども言ったように仕事は慣れです。


怒られてもそこは我慢して、作業を覚える事に集中してください。


このように三菱電機期間工として来てみると問題に直面することもあります。


まとめ



三菱電機期間工として働くことの多くの利点がある事が分かったと思います。


寮に住むことができ、作業も単純作業ですし、頑張れば正社員登用制度により正社員に慣れるチャンスがあります。


一方で多少の契約内容の違いや人間関係、作業を最初覚える点で苦労するかもしれないと言ったデメリットもあります。


ですが全体的に見てみるといい仕事内容と待遇だと思うのでどの期間工で働こうか迷っている人は三菱電機期間工として働くのもいいかもしれませんね。


デメリットも挙げましたが期間工として働いたからと言って必ず問題にぶつかるわけではないので期間工として働く魅力があると思った方は是非応募してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です